コードレス スピーカでテレビの音を手元に
10年ほど前に結婚祝いとして頂いたソニーのコードレススピーカ(右写真)。テレビに繋いで手元で音を聞くのにピッタリなので、ずーっと愛用していたんだが、最近、しばらくするとスピーカの自動電源OFFが働いて音が出なくなる症状がだんだん酷くなってきて、もうイライラボックス状態。きっと送信側のトランスミッターの出力が落ちてきて、赤外線が弱いので、スピーカが勘違いして自動電源OFFが働くに違いない。

で、試しに赤外線で音と映像を飛ばせるソニーの製品があったので、そのソックリの送信部分のLEDを交換したら直るのではないかと挑戦したがまるっきり駄目。

もう我慢ならない。代用品を探そう。ところがいくら検索しても同等品がなかなか見つからない。みんなこの手の製品は使わないからメーカーが積極的でないのかなぁ。テレビのボリュームを上げる部屋中うるさいし、だんだん難聴になってくる。離れたテレビの音をほんの少しアシストするぐらいに使うと、とっても聞きやすくて疲れないんだけど。

そこで3つの候補が上がった。みみもとくんα、PanasonicのRP-WS500、ソニーのRM-PS20TV。みみもとくんαはお年寄りが使うことを意識して、スピーカ部が物入れになっている。うーん、デザイン的にちょっと抵抗感が。RP-WS500はスピーカ部のデザインが三角おにぎりみたい。RM-PS20TVはスピーカ付きリモコン、リモコン機能は欲しくないんだけど。で、迷った結果、RP-WS500に決定。

早速。取り替えて使ってみた。送信機側(写真左)はテレビの上に。スピーカ側(写真右)に必要な電池は単2が4本。以前のソニー製は単1が4本で、3ヶ月ぐらい使えたが、単2だとどれくらいいけるのだろうか。あと、送信機側は音声がしばらく途絶えると赤外線LEDの発光を止める機能がついているが、スピーカは自分でスイッチOFFにしないと電源が切れない。この仕様は以前のソニー製と全く反対で、あれは送信側はいつも電源ONで、スピーカが勝手に電源OFFになった。手元スピーカの電源OFFを忘れると電池切れも意外と早いかも。

音質は以前のソニー製よりシャーーーというヒスノイズが多めに聞こえるのがちょっと残念。でも手のひらほどの大きさで小さいのが邪魔にならずにいいかも。電源スイッチには「入」と「明瞭音」というのがあって、「明瞭音」にすると中高音が強調されて耳が遠い人には聞きやすいか。でも私はそのシャリシャリした感じが好きでないからあまり使わないと思う。

これまでステレオのLRを別々の場所において、2本のモノラルスピーカのように使ってが、1つしかないのはちょっと不便かも。そしたらもう1セット買えばいいのか。スピーカだけ売ってくれないかな。