マインドマップと出会う
 
この前、雑誌を読んでいたら「ザ・マインドマップ」という本が紹介されていた。「あなたの頭が良くなる!」とか「世界1000万部突破」という字が躍っていた。

なんだぁ?と思ったが「脳の力を強化する思考技術」の技術という単語に興味が沸いた。技術ということは何かしらの方法を習得できるというわけか? 早速アマゾンで買ってみた。マインドマップは紙の中心に話題を書いて、そこから放射状に思いついた言葉や絵を伸ばしてゆき、連想を繰り返しながら発想豊かに物事を考える方法らしい(私はそう解釈した) 内容的にはまあまあ分かりやすいのだが、いざ、紙とペンを用意して実践しようとするとなかなかめんどくさいもんだ。

こんなとき、ふと思うのはマインドマップを書くパソコンソフトがあってもいいのではないか。いやー、コンピュータ屋って発想がいつもこれだもんね。Webで検索してみると3つのソフトを見つけた。

最初にみつけたのはMindManager。Pro版4万円とBasic版2万円があるがいずれも高い。機能は豊富のようだがいきなりよく知りもしないマインドマップを書くために購入するには気が引ける。

次に見つけたのはMapIt。7千円台と手ごろでダウンロードして試用ができる。実際に使用してみたが使い勝手はよいほうだと思う。それでも、紙に書いたことも無いのに買うにはちょっと。

で、最後にみつけたのはJava上で動くフリーのFreeMind。最新バージョン0.8.0では日本語メニューもサポートされ8MBをダウンロードしてインストールすると普通に動く。単語を置く場所を自由に決められないのは難点だが、ちょっとした思い付きをメモするにはこれで十分な気もする。結局、私はいまのところマインドマッパー初心者(マインドマップを使いこなす人をマインドマッパーと呼ぶらしい)ということでFreeMindのお世話になっている。FreeMindでマインドマップの使い方について考えてみた絵はこんな感じ。

ところで、私が仕事で使うメモ帳というかA4用紙の裏紙をクリップ付きボードで閉じただけなのだが、結局のところマインドマップと同じではないが、似たようなことをやってきたような気がした。罫線や方眼が引いてある紙はどーも苦手で、いつも真っ白な紙に赤いボールペンで、図や単語をゴチャゴチャ書いて、相手との意思疎通をしている。なぜか赤ペンでないと調子がでない。たぶん黒より赤のほうが目に刺激的で、書類に書き込むときも目立つからいつも赤ペンを使うようになったのだろう。いつもじれったいのは、パソコンで書類を書くことに慣れてしまって漢字をかけなくなり、ちょっとした単語もすぐに平仮名になってしまうこと。その様子を人と向き合いながら書き込んでいくのが、少々恥ずかしいのだ。だからマインドマップのソフトを探したのだが。

マインドマップも大体理解したので今度は書き方が良く分かるような本が欲しくなって、左の「マインドマップ、ノート術」という本を買ってみた。まあまあマインドマップが開発された背景はあまり詳しくないが、書き方についていえば、こちらのほうが分かりやすいような気もする。これもお勧めの本であった。

マインドマップ専用のノートを1冊持って歩こうかと文房具を探した。ところがどっこい、無地のノートというのは本当に少ない。というか全然みつからない。子供用の落書き帳はあるが、表紙に可愛いキャラクタが書いてあって持ち歩くにははずかしい。どこかの文房具屋さん!マインドマップ向きのノートって作ってくれませんか?横向きで無地で、大人が持っていても恥ずかしくないやつ。