レクサスのISとGS
このほど、レクサスからISが発売されたので見てきました。この前はGSを見てきましたけど、内装は同じデザインで一回り小さいだけかと思ってたんですが、実際にISを見てみると内装の部材が安っぽく、GSより質感は良くなかったです。残念。それでも、沢山のお客さんが見に来てました。確かにBMWの3シリーズ、メルセデスのCクラスと比べるとエンジンの排気量の割には安いですから。

で、試乗してみたいなと思ったら、全部予約で一杯だったので、空いているGSシリーズがあったのでGS430に試乗してきました。内装はこの前書いたとおり、なかなか良いと思うのですが、インパネのメータ周りの筒状の造形は見易さの点ではいまいちです。実際、透明のカバーが手前から向こう側に上っていくように取り付けられており、運転席後ろ側から差し込んだ日差しがカバーを反射して目に入り、メーターが見えないときがありました。だから、カバーに積もった埃がしっかり見えて、ん?と思ってしまいました。どうしてカバーの傾きを逆にしなかったんでしょう。

走り出すとなかなか静かで快適です。ただ、タイヤが路面との間で発生するゴーという音が、車内に入って、せっかく静かな室内で妙に目だっていました。後で分かったのですが、ランフラットタイヤだそうで。側面が硬い分、振動が伝わりやすいとか。でも、その辺は無理にランフラットタイヤにしなくたっていいと思うんですけど。430のエンジンは現行セルシオと同じものだそうで、だから静かだそうです。

変速ショックも全く感じられず、路面の凸凹も殆ど感じさせず、スムーズに走ります。ただ、ちょっとだけ、うねったところを走っているとき、タイヤの上下運動の固有振動と共振するのか、落ち着きが遅いなと思うときもありました。ハンドルが木製のツルツルの部分が多くて、左手にしている結婚指輪がカチャカチャあたり、汗ばんだ手だと滑るなかなぁ、というのも気がかりです。

全体的な印象は、ガッシリ感が強いわけでもなく、ふわふわ感があるわけでもなく、その真ん中ぐらいで滑らか感が際立つような、今まで試乗してきた車のなかでは変わった味わいでした。室内が静かなのはいいです。後席にのった奥さんも良い印象を持ってました。