ハナちゃんに会いに行く
ブログのほうを見ている方は知っているだろうけど、6月のはじめに99gで保護して800gまで大きくなった子猫は、ハナちゃんという名前をつけてもらって7月の終わりに山梨県の甲府のお宅に貰われて行った。どうしているだろうなぁ、と思って、この連休中、ちょっと会いに行ってみることにした。

対面して昔のようにすぐにはジャレついてはくれず、やっぱり私たちのことは忘れてしまったよう。それでもしばらく匂いを嗅いだあとは、紐に誘われて走り回ったり、座椅子に飛び乗ったり、相変わらず跳躍力は抜群。大きくなっていく過程の写真を何枚か頂いたが、タロウくんという豆柴と一緒に仲良く暮らしている写真では、すっごく大きくなったような気がしたが、実は豆柴というだけあってタロウくんが結構小さいのだった。それでも、ハナちゃんは2Kgに大きくなっていた。2回目の予防接種では獣医さんに噛み付いて、カルテに「おてんば」と書き込まれたそうだ。

貰われて行ったときははっきりした縞模様だったが、少し豹柄に近いポイント柄に変化している。手足はすらっと長く2Kgでも細身に見える。可愛がってくれるよいお宅に貰われていって安心したのであった。大きく元気に育ってね。