レクサスはどうだ!?
8月30日、トヨタのレクサス(LEXUS)店が一斉にオープン。さっそくどんな様子か見てきました。高級を売り物にする店なので、そういう目で。

見てきた店舗はレクサス港南台。看板が大きく見えるような高い位置にないため、車で近寄ると直前まで店の位置が分かりにくい。店舗は全部統一されたデザインだから、全国どこも同じだと思う。屋根に大きなレクサスマークでもつけてくれたほうが車で乗り付けたときに分かりやすくていいと思うんだがどうだろう。

入り口から入って駐車場の真ん中まで入る。なんじゃこりゃー。駐車スペースにはずらっとメルセデスの車が並んでいた。BMWも2台ほどあった。トヨタ車は1台もない。メルセデスのディーラーに間違って入ったのかと一瞬錯覚を起こすほどだった。5・6人のスタッフが駐車場で待機していた。が、オープン初日で慣れていないからだろうが、どこまで進めばいいか指示してくれない。窓を開けて真ん中で止まっていると係員が近寄ってきたが、もっと駆け寄ってきてどうしたらいいか即座に教えてほしいぞ。車を預かるからといわれ整理券のような番号札を渡された。ホテルの正面玄関のドアマンのようにはいかない。

車を降りて入り口から入ると、フロントの女性に呼び止められた。こんなにスタッフが沢山いるんだから、入り口で挨拶して案内してくれる人がいてもいいだろうに。小さいパンフレットとアンケート用紙を渡された。店内は新品なので綺麗で広い。ニュースで流れている映像そのまま。店内は詰めれば10台ぐらい並べられそうな長さがあり、白い大理石がピカピカで車の裏側のマフラー配管まで映りこんでいた。

商談ブースがずらっと並び、海外銀行の商談ブースのような雰囲気。ソファーが並んだロビーのような一角には白いソファー3つと黒いソファーが1つを1セットにして数セット置いてあった。その1つに座っていると、接客係が飲み物を勧めてくる。奥に進むと車両準備中に待機できるラウンジ。大きなプラズマディスプレーとティーサーバーが置いてある。その奥の長い通路はプライベート部屋がいくつかあり、さらに進むと入り口横の納車プレゼンテーションコーナーがあった。雰囲気作りなのか照明がいまいち暗い。納車なんだから傷がないかとかチェックできるようにもっと明るい照明が沢山ついていてもいいと思う。自分が運転している姿が見れるように大きな鏡が側面に用意されていた。

裏手には5・6台がいっぺんに作業できる整備場があり、ローラーが付いた区画もある。もちろん1台も作業はしていないが、広々しているので作業はしやすいだろう。隣には洗車機が1台置いてあった。傷のつきにくい布洗車機だというが、機械じゃなくて手洗いしてほしいぞ。トイレに寄ってみる。真新しくちょっとしたホテルぐらいの高級感はある。

さて、肝心の展示車だが、アリスト後継のGSシリーズが3台。ソアラ後継のSCが1台。合計4台飾ってあるだけで、売る車が少ないのは物足りない。アルテッサ後継のISは9月下旬に出てくるそうな。GSの内装は結構すっきりしていて、トヨタ車によくあるきらびやかな豪華さでなく、シンプルな高級さをアピールしようとしているようだ。機能が多くなるとスイッチ類が増えるが、それを隠すように運転席右下に開く扉にあまり使わないドアミラー調整・給油口レバーなどがまとめられている。温度調整ダイヤルは助手席との間のアームレストを後ろに下げると現れるようになっていたり。使っている素材もなかなか吟味していて、ドアハンドル周りのデザインも凝っていて悪くない。内装は私なりには合格点だと思う。

ところが、外観のデザインはどーも好きになれない。前から見るとアリストそのもの。もっと個性的なイメージにできなかったのだろうか。後姿はクラウン*フーガってところ。アリストってどんな顔つきだったっけ?とトヨタのHPに行ってみたら、すでにアリストもアルテッツアもソアラも載っていなかった。一通り見終わったので帰ること。受付で一通りのカタログを貰い、駐車場係に番号札を渡すと車を出してきてくれた。

今日来ていたお客さんは車を見に来たというより、店を確認しにきたという感じで(私のその一人なのだろうが)、一部を除いては車にそれほど興味がある様子ではなかった。SCは昔から売っているソアラそのままで目新しさがないし、GSはデザイン的に?だし、ISが出てくればちょっと滞在時間が増えるかもって感じ。本番はセルシオ後継のLSが出てからだろう。家族連れで見に来ているおじさんはメルセデスのSクラスに乗っているらしいが、LSの販売時期について質問していた。

店員はみんな丁寧なのだが何となくぎこちない感じ。私なんかも無理に丁寧語や敬語を使おうとするとちょっと言葉に詰まったり、一瞬考えてしまうことがあるが、まさにみんながそんな感じだった。きっと1年も経てば立派なブランドに育つと思う。店舗も接客もまずまずだから、あとはカッコいい!欲しい!という車が出てくれば日本でも大成功すると思う。