プリウスと1ヶ月過ごす
今日、フロントガラスが割れて修理に出していた車が返ってきました。フロントガラスのみならずボンネット・フェンダー・ドアなどいろんなところに付いた傷が塗りなおされ、新車のように綺麗になって返ってきました。なんと作業期間1ヶ月。おかげでプリウスを1500Km走らせて試すことができました。

この間の平均燃費は19〜20km/L。e燃費の統計と比較する限り、660ccの軽自動車よりも燃費が良いのは事実でした。すばらしい!ほんと、ガソリンを入れるのを忘れてしまいそうなほどガソリンが減りません。というより、あと目盛りが2コマぐらいになると、普通ならガス欠にならないか心配でアクセルもついつい遠慮がちに踏んでしまうのも無縁。心配していたら、いつのまにか目的地についてしまい、心配するのがあほらしくなります。ただし、上り山道は燃費が10km/Lぐらいに落ちるので、遠くの山へ行くときは20km/Lを信じないほうが安全でしょう。下りはガソリンは減りませんが5分も下るとバッテリが満タンでそれ以上エネルギーを蓄えられず捨てるだけなのが惜しいです。ファーストインプレッションであげた良し悪しと、この間に生まれた項目を加えておさらいしてみます。

■感心しちゃう点

  • 停車中、エンジンが回ることはまずないので、とても静か。エアコンの風の音しかしない。
  • 燃費は19〜20km/hが簡単に達成。
  • 意外と力強い。90Km/hぐらいで第三京浜に合流して加速するとき、アクセスを一杯に踏めば結構加速して120km/hぐらいには割合楽に到達できる。電気モータはエンジンより反応がいいので、中速(50〜80km/h)からの加速は少し楽しめると思う。
  • 無段変速CVTのお陰だと思うが、130km/hぐらいで巡航するとき、かなりエンジン回転数が低くなり燃費に貢献しているようだ。
  • ハンドルにたくさん操作ボタンがあるので、殆ど手を離さずにエアコンやラジオの操作が可能。ただし、ハンドルを切っていると左右のスイッチ形状が良く似ているので逆さまか正立か分からなく、どこを押していいかパニックになる。
  • 室内は結構広く、ハッチバックのトランクも広々していて高さも使いやすい。
  • マッチ箱型のキーは挿入が楽で普通の鍵より使いやすい。

■いまいちな点

  • 停車中の静かさとは反対に、走り出すと意外とロードノイズが下回りから入ってくるので、総合すると、それほど静かでもない。エアコンの風の音も他と比べて大きいと感じる(エンジン音がしないので比較して大きいかと思ったが本当に風音が大きいようだ)
  • エアコンの効きが悪い。電動インバーターエアコンのためか風ばかり強く、あまり冷たくない。
  • 高速走行時にハンドルが安定しない。もっと直進性が欲しい。
  • 高速コーナーは明らかに前輪が外に膨らんでアンダーステアが強い。重量配分が前750Kg:後ろ500Kgがアンバランスか。
  • アクセス開度と出力が比例しない時がある。エンジンとモータの2つのパラメタを制御するのが難しいのか無段変速の特性なのか分からないが、同じアクセス踏み具合でググッと走るときと、そうでないときがある。後にだんだん慣れてきたので気にならなくなったが、電気モーターのトルクが出やすい速度(50〜80km/hぐらいか)ではモーターアシストが効いてガソリンだけより加速感がいいとも言える。
  • ブレーキがカックンブレーキで、さらに停止直前数メートルの範囲で制動力が急に軽くなる感じがする。回生ブレーキとディスクブレーキの連携の問題か。
  • ナビ画面にいろんな情報が出るが色使いがグレーや緑が基調で見づらい(後に茶色系に変更して使っていた)。
  • 雨の日に走ると運転席右後ろBピラーあたりから水がピシャピシャ当たる音がする。どこからやってくるのか。
  • カーナビのVICSが1回も受信できなかった。FM選局をAUTOだが、あんまりにも受信しないので、AMにしたりラジオを切ったり試したが、とうとう1回も受信して渋滞情報が画面に出ることはなかった。
  • デジタルのスピードメーターは読まないと速度が分からないので感触的に速度が把握できない。針式なら針の位置で直感的に分かるが、数字を読んで速度が分かるまで時間が掛かる。
  • 座席の形状がかまぼこ型の感触で、バランスボールに座っているような不安定感がある。座面をもっと平らにして腰から背中までしっかりホールドして欲しい。1時間運転するとかなり疲れる。
  • ブレーキを踏むとキーンとバッテリを充電しているような音がかすかに聞こえる。
  • 停車したときエンジンが停止するが、ブルブルっと大きな振動が出るときがある。

■その他

  • 時計は1度も合わせなかったが、たぶん、電波時計だと思う。それらしきマークが付いている。
  • 高速道路を延々と走るよりも、高速運転や市街地運転をしたほうが燃費を稼げるような気がする。高速運転中にバッテリを満タンにし、市街地でしばらくバッテリだけで走るというのが交互にくると燃費に良いようだ。
  • ブレーキは直前にグッと踏むより、あらかじめ手前から薄く踏んだほうが回生ブレーキで回収されるエネルギーが多そうな気がした。
  • フロントガラスに見たことあるマークあり気づいたらラミセーフだった。ん?うちのサンルームのガラスと同じだ。ラミセーフも自動車用があるらしい。

というわけで、1ヶ月間、少ないガソリンで軽快に走ってくれました。総合するとハイブリッドシステムはかなり高水準です。ガソリンスタンドには最後に返す満タンも含めて3回しか行きませんでした(初日に行ったのはちっとも入らなかったのでカウントせず) おまけにレギュラーガソリンで、30リットルほど入れ、3千円台の料金を見るたびに安いなー!と関心しました。3リッターエンジンで、もっとしなやかな乗り味の普通車に搭載されて、燃費が20km/Lだったら買っちゃうかも知れません。サンキュー!プリウスです。