フレッツADSLモアVに変更
会社の同僚が引っ越した先にADSLモアVを引いたのに少し触発され、我が家も8MからモアV47MBに変更しました。8Mに変更したのは2002年4月ですから、すでにレンタルモデムに2年2ヶ月レンタル代を払っているし、400円で計算すると400円x26ヶ月=10400円。もう原価に達しているので、次のステップに行ってもいい頃でしょう。ADSLの高速化もそろそろ打ち止めだろうし、モアVのモデムは購入することにしました。

モアVに期待するのは、上り最大5MでWebページアクセスの高速化です。同僚の話ではモデムはいくつかの接続パターンを持っており、上り優先の接続も可能とか。さっそく上り優先、オーバーラップ拡張ありで学習させたら次の結果がでました。

接続方式 上り 下り
Quad Spectrum 2752 14989
G992.1 AnnexI 2624 13331
G992.1 AnnexC 1216 10312

確かに上りが大きく向上して2.7Mぐらいまで出てます。一番結果が良かったQuad Spectrumで固定となりました。ところで、次に気になるのは、いままで使ってきた雷サージから守ってくれるスプリッタが使えるかどうかです。BAFFALOのスプリッタ(IGM-FSAC-SP)を2002年に買って使ってますが、このときはAnnexA&AnnexC、8Mbps(G.dmt)&1.5Mbps(G.lite)をサポートしていました。Quad SpectrumやG992.1 AnnexIはカタログに載っていません。かといって、着けないで運転するのもこれから夏の雷シーズンに入るので怖いし。で、とりあえずスプリッタをIGM-FSAC-SPに交換して学習させてみることにしました。

結果はなんと、殆ど速度は変わらずQuad Spectrum方式で 上り2752→2720、下り14989→14552に若干遅くなっただけです。そんなわけで、スプリッタは昔のを使い続けることにしました。