レンタカーのプリウスは安い
この前、第三京浜を走行中、前方を走る4トントラックが道路つなぎ目でガクンとなったとき砂利が落ちてきてバラバラと私の車に直撃!ボンネットなどにたくさん傷がつき、フロントガラスに5cmほどヒビが入ってしまいました。で早速、保険屋さんに電話して修理となったわけですが、代車特約で1日あたり5000円までのレンタカーを貸してくれるという。5000円ってどんな車が借りれるの?とたずねるとカローラクラスという。ま、仕方ないか。

ところが、トヨタレンタリースのホームページで値段を確認してみたら、カローラとプリウスが同じ値段に設定されているではありませんか。もしかしたら5000円以内でプリウスを借りれるんではないかと、保険屋さんに電話してみたら、すでに代車をディーラーに運び込んでしまったけど、レンタカー屋さんに聞いてみてくれるという。そしたら5040円で1日あたり40円負担になるという。そんな、もう!40円ぐらいどうでもいいから、せっかくのチャンスだからプリウスにしばらく乗ってみたいのよ。 てなわけで、お願いしてプリウスに入れ替えてもらったのでした。40円もサービスしてくれると。ありがたいことです。

ディーラーで車を入れ替えて、早速プリウスに乗り込み。昔、試乗していたので大体のことは分かっているつもりだったけど、シフトレバーのBの文字が何を意味するのか分からなかった。後から調べたらエンジンブレーキが必要なときはBだとか。まずは燃費を計測するために、ガソリンスタンドに出かけてガソリンを。と思ったらハイオクなのかレギュラーか分からず、とりあえずハイオクを入れることに(後で調べたらレギュラーだった)。でもすでに満タンで1.5リットルしか入れることができなかった。さー、修理に2週間ぐらい掛かるということなので、その間、プリウスのハイブリッドを堪能開始です。

私は毎日、第三京浜で川崎と往復し54Km走り、いまの車の平均燃費は9.3Km/Lってところです。プリウスの10-15モードは35Km/Lだそうです。初日の燃費は車が表示するのは19.4Km/Lでした。どうやら、高速をバンバン走るのはこれぐらいに落ち着くようです。第三京浜から降りて減速時に十分充電するせいか、しばらく市街地走行の燃費は30Km/Lぐらいになることがあります。結局2週間でどれぐらい行くんでしょう。

さておいて、2日走ると大体プリウスの素性が分かってきましたので感想など。

■感心しちゃう点

  • 停車中、エンジンが回ることはまずないので、とても静か。エアコンの風の音しかしない。
  • 燃費がたぶん19Km/Lを超えると思う。うちの倍は走る。プリウスの排気量は1500ccでうちの3200ccの半分だから何となく分からないでもない。
  • 意外と力強い。90Km/hぐらいで第三京浜に合流して加速するとき、アクセスを一杯に踏めば結構加速して120km/hぐらいには割合楽に到達できる。
  • ハンドルにたくさん操作ボタンがあるので、殆ど手を離さずにエアコンやラジオの操作が可能。
  • 室内は結構広く、ハッチバックのトランクも広々していて高さも使いやすい。

■いまいちな点

  • 停車中の静かさとは反対に走り出すと意外とロードノイズが下回りから入ってくるので、総合すると、それほど静かでもない。
  • 高速走行時にハンドルが安定しない。もっと直進性が欲しい。
  • 高速コーナーは明らかに前輪が外に膨らんでアンダーステアが強い。重量配分が前750Kg:後ろ500Kgがアンバランスか。
  • アクセス開度と出力が比例しない時がある。エンジンとモータの2つのパラメタを制御するのが難しいのか無段変速の特性なのか分からないが、同じアクセス踏み具合でググッと走るときと、そうでないときがある。
  • ブレーキがカックンブレーキで、さらに停止直前数メートルの範囲で制動力が急に軽くなる感じがする。回生ブレーキとディスクブレーキの連携の問題か。
  • ナビ画面にいろんな情報が出るが色使いがグレーや緑が基調で見づらい(変更できるようだが)。
  • 雨の日に走ると運転席右後ろBピラーあたりから水がピシャピシャ当たる音がする。どこからやってくるのか。

まあ、2日しか乗ってないので、こんなところです。簡単にいうとハイブリッドシステムはすばらしいが、車の基本的なところが、いまいちってことでしょうか。2週間乗ったらまたレポートします。