ニコンD70にストロボをプラス

ニコンD70を購入して1年が経過しました。この前はズームレンズを交換し花見写真に活躍しました。ここらで外付けストロボを購入して撮影範囲を広げたいと思っていたので、ニコンのSPEEDLIGHT SB-600を購入。値段はヨドバシで26,400円。SB-600より格上のSB-800があるのですが、なんと50,400円。ちょっと高いのでSB-600にしました。

一番目当てにしていたのは、アドバンストワイヤレスライティング撮影。カメラにつけた主灯と離れた補助灯が同調して明るさまで自動調整してくれるという仕組み。D70の内蔵スピードライトを主灯にしてSB-600を補助灯にして撮影することも可能です。使ってみると面白くて、シャッターを切ると内蔵スピードライトとSB-600が数回光って、最後にバシャ!っとシャッターと同時に光ります。内臓スピードライトだけで撮影したのとは違う影を作れたり、日差しが強くてコントラストが強いとき、暗い部分にSB-600を向けて明るさの差を少なくして見やすい写真にできます。

これはいいということで、もう一台買い足すにもSB-800では値段が高いし、でもSB-600はアドバンストワイヤレスライティング撮影の主灯にな成れないので、物は試しということで、シグマEF-500 DG SUPERを購入しました。SB-800並の機能で値段が28,140円。今日は、この2つを比べてみます。D70の内蔵をコマンドモードにしてSB-600・EF-500を左側から天井に向けバウンスさせてみます。

@主灯:内蔵、左補助灯:EF-500 A主灯:内蔵、左補助灯:SB-600

EF-500の方が絵が明るくなりがちです。これはどんな場面でも同じ傾向があります。ちなみに内蔵スピードライトのみだとBのように後ろに影ができます。この影が消せるのが2灯使ったときの良さです。内蔵を主灯にして左右に補助灯を使うと右下Cのようになりますが、EF-500があまり光らないように見えます。

B内蔵スピードライトのみ C主:内蔵、左:EF-500、右:SB-600

左右に配置したときの様子はこんな感じです。左補助灯の位置にEF-500とSB-600を置いて比べました。

D左右に置いたときの位置関係

もうひとつ、違うシーンを比べてみます。GのようにEF-500で調光が合わず、白く飛んでしまうことがあります。SB-600ではこんなことはありません。

E内蔵スピードライトのみ F主灯:内蔵、左補助灯:SB-600
G主灯:内蔵、左補助灯:EF-500 H主灯:内蔵、左補助灯:EF-500
I主:内蔵、左:EF-500、右:SB-600 J室内灯のみ

機能や操作性では次のような長短所があります。

  • SB-600は複数のスピードライトを組み合わせたとき主灯にできない。

  • D70が主灯でEF-500を補助灯にするとき、チャンネル3グループAにするために、D70のシューに取り付けて、D70のストロボをコマンドモードにしたうえでないと補助灯の設定ができない。(D70の内蔵はチャネル3グループA固定なので)

  • SB-600は操作がEF-500に比べて分かりやすい感じがする。

  • EF-500のほうが大きいが持ってみるとSB-600が重い気がする。
    (実際に計ると電池込みでSB-600:392g、EF-500:410gだった)

  • EF-500にはマルチ発光撮影、モデリング発光がある。

  • SB-600のほうが調光が合っているような気がする

まだ、使いこなせる状態ではないですが、SB-600のほうが簡単ではあります。EF-500並の機能をSB-600の確実さで実現するならSB-800を買うしかないわけですが、5万円を超えるというのは考え物ですよねぇ。でも、ストロボ撮影って楽しいですよ。