駐車場で会う7匹の猫
昨日、テレビのトリビアの泉で、どら猫が何キロまでの魚を運ぶことができるかという実験があった。猫嫌いの人には申し訳ないが、猫好きには堪らない映像。でも、どら猫ってどういう定義なのかちょっと疑問ではあるが、私が毎日駐車場であう7匹の野良猫と、あのテレビで出てきたどら猫は、その体格といい風格といいちょっと違う。やっぱり野良は野良でどら猫じゃないようだ。

うちが車を止める駐車場の周りには、数匹の野良猫が住み着いて、通りかかる人から時々餌をもらっている。さすがに厳しい寒さを乗り越えられない猫もいて、昔、実家に引き取られたクリンちゃんも、この駐車場出身。たのむよー、もう脱落しないでねぇ。と見守ってきたのだが、みぃちゃんが好きでなかったレトルトご飯をあげたらだんだんと近寄るようになってきた。最初のうちは、ご飯がもらえるというのに私たちに向かって「シャー・シャー」と威嚇していたが、最近はやっとニャーニャーねだる声に変わってきたから、相当慣れてきたのだろう。

最初は2・3匹だったのに、仲間が仲間を呼んで、いまでは平均6匹が朝夕、車までお出迎え。みぃちゃんの残りご飯では追いつかなくて、わざわざ、安いレトルト猫ご飯をDIY店で購入しだした。それでも、計算してみたら月1万5千円ほど掛かっている計算に。ひょっとすると人間のお昼代より高い。試しにカリカリをあげてみたら、のどが渇くのかあまり好評ではなかった。たぶん、カリカリは別の人にもらっているのだろう。

で、こんな状態が長く続くのもちょっと経済的にもったいないので、レトルトでさらに安いご飯を探していたら、DIY店のカインズホームで売っているオリジナル猫ご飯が、4パック入って168円。1パックで1.5匹分ぐらいなので、朝夕で8パックを消費して、月7千円にコストダウンをはかってます。缶詰で安いのはあるけど、ごみの処理に困るので。

いろんな色の猫がいるが、色で性格がはっきり分かれている。黒は優性遺伝のせいか黒猫が一番強い。グレーのロシアンブルー風のが2番目。キジトラ系は一番おとなしい。1匹、飼い猫じゃないの?と思われる足元にすりすりしてくる毛並みのよいキジトラがいて、ご飯をあげてもあまり興味がない。のんびり食べていると、早食いの黒に横取りされたりする。

これから暑くなっていくので、この夏も乗り切って欲しいもの。冬よりはいいだろうけど。