ハリアーハイブリッドに試乗しました
先週末からトヨタ系列で試乗可能となっているハリアーハイブリッドに試乗してきました。グレードはプレミアムSパッケージという一番上等なやつです。ハイブリッドといえばプリウス2代目にも試乗しましたが、丸いスタートボタンを押してもインパネの電気がつくだけなので、いまいち初心者にはよく分かりません。READYのランプが点灯すると走れると説明されましたが、この辺は慣れが必要です。

前後2つのモーター+3.3Lエンジンで中速からの加速がすごい!とかWebで記事を見かけますが、一回りしただけなのでそんなことは分かりません。しかし、信号待ちで停止しているときの静かさには、はやりビックリします。普通のエンジン自動車がエンストしているのとなんら雰囲気が変わりません。特にエンジンで走っているときに信号待ちで停止して、エンジンがコトン!と停まるのを感じるときまさしくエンスト気分です。プリウスよりエンジンが大きいので、エンジンが止まっているときと動いているときの振動の差がはっきりしているので、なおさら感じるでしょう。

で、カタログで一番気になっていたリチウムイオンバッテリの謎が1つ解けました。カタログには6.5Ahと書かれています。つまり6500mAhな訳なんですが、その辺のノートPCに付いているバッテリでもこれぐらいの容量はあります。こんなの小さい容量で動くのか?と疑問に思っていたのですが、販売店用に用意された分厚いマニュアルを見せてもらったところ、1.2Vのリチウムイオンを8個つなげて1ユニット(9.6V、6.5Ah)にし、これを30個つなげて288Vの電圧で駆動しているのでした。要するにノートPCについているバッテリユニットが30個載っているようなものです。30個で車が動くと思うと、ちょっと驚きですね。あと、バッテリを冷やすために3個のファンが付いているのも分かりました。

1つ注文をつけるとすれば、普通のハリアーとハイブリッドハリアーを区別できるようにデザインを変えて欲しかったなぁと。よく高速とか走っていて、追い越し車線に出るとき後ろから車が近づいてきたら、その車種が何かで大体の加速性能とか分かるので、普通のハリアーと速いハリアーが分かるように変えてほしかったな。販売店の人がいうにはフォグランプが埋め込まれている下部分が少し違うというけど、それぐらいだと気づかないと思う。

もっといろんな車がハイブリッドになってくれれば選択の幅も増えるし私としてはありがたいです。