D70にズームレンズを買いました
ニコンのD70を買って1年が経とうとしています。先週末は関東地方が一斉に桜満開だったのでお花見のいい写真が取りたいなぁと、HPを眺めてみたら、タムロン AF18-200mm F3.5-6.3 XR Di II なる製品が発売されたことを知り、早速買いました。

D70を買ったとき、シグマの18-50mm、55-200mmの2本セットのレンズを買いましたが、いちいちレンズを付け替えるのはめんどくさいので、結局55-200mmは1回も使わず、ずっと18-50mmを装着してます。ところが、いままでPanasonicのDMC-FZ1に慣れてきたせいで、いざズームしたいときに50m(デジタル一眼では1.5倍されるので75mm相当)では物足りなさを感じてちょっと不満ではありました。18-200mmなら、これ1本でどこでも通用しそうなので購入を即決した次第です。

レンズの写りなどはインプレスのデジカメWatchの記事に任せるとして、花見撮影で得られた私なりの感想など。

まず、今までの18-50mmと比べるとレンズが太くて大きいので、益々カメラがかさばる様になりました。2月に購入したD70専用のソフトケースCF-D70に入れると、18-50mmではレンズ先端が少し余っていたのですが、ちょうど収まる大きさに膨張しました(写真左)。もちろんズーム側ではレンズが伸びて収まるわけもありません(写真右)

フードをつけるとさらに4cmほど伸びます。フードをひっくり返して付けてもソフトケースには収まるので、持ち運ぶときの大きさは変化しないので実質、悪影響は少ないです。撮影時に肩から提げたときにレンズがブラブラして他の通行人に当たりやすいぐらいが欠点でしょうか。

で、はやり200mmまでズームできるのは便利です。とくにズーム側では背景がよくボケるし、マクロレンズのような撮影が可能です。下の2枚の写真は花から約1.5m離れた場所から広角側18mm(写真上)とズーム側200mm(写真下)で撮影したものです。これだけアップにできれば大概のものは撮影できます。

率直なところ、買って正解でした。ただ、200mm側となると手振れ防止機能が欲しくなることも事実です。結構便利ですよ。