エンストする故障の原因
2月の終わり、裾野から家路に帰るため車のエンジンをかけて暖機運転をし、帰り支度をしていると、ふと気がつくと車がエンストして止まっていました。変だなと思い鍵を回してみてもセルモータは回るがまったくエンジンが掛かる様子がなく、3回ほど試して駄目だったのでバッテリが上がる前に諦めて放っておきました。15分ぐらい経ったでしょうか。もう一度試すとまたエンジンがかかり、しばらく見守っていても止まる様子はありません。もう大丈夫だと思ってそのまま高速を走って帰ってきました。

翌日、会社に行こうと家をでて、近所の交差点で信号待ちをしていると突然エンスト。鍵を回してもセルは回るがエンジンは掛からず、昨日の夜と全く同じ状態になりました。それにしても交差点の停止線で止まって動けず、トランクを開けハザードをつけている無様な姿をさらすのは恥ずかしいものです。しばらく諦めまた15分ぐらいたったところで試すとエンジンが掛かりました。同じことが2回も続けて起こったので、単なるエンストではないと思い、すぐにディーラーに電話して持って行きました。

サービスの人がいうには、たぶんエンジン回転を拾うセンサの不良ではないかといいます。念のためエンジンの特性を記憶したメモリをリセットして、翌日には部品をそろえて交換してもらう手はずを整えて、その日は会社に行かずに家に帰りました。高速とか走っていてエンストしたらどうなるかと考えるだけで怖いですから。

翌日、部品を交換してもらうために出かけるので、念のため駐車場でエンジンをかけて歯を磨き終わって様子を見たら、やっぱりエンストしてます。でもまた放っておくとエンジンは掛かるのでいつもと同じ症状です。ディーラーで交換してもらった部品はプラスチックに円筒形の金属が埋まった磁気センサのような物体でした。部品代と工賃を含めて3万5千円程度。久々の故障でした。

すでに走行距離は11万5千キロぐらいになっており、なかなか壊れないのはさすがメルセデスと思ってたのですけど、一気に買い替えムードに入ってしまいました。でも、この故障以来、また快調に走っているで、大事に乗ればまだまだいけそうです。

思い出してみると、新車で買って1・2年の間はいろんなところがチョコチョコ故障しました。前に乗っていたBMWの325iカブリオレもそうでしたが、無料修理期間の間に思いっきり走って、悪いところを全部出し切ってしまうと、それ以降はほとんど故障しません。いまの車の故障を思い出してみると、

  • ヘッドライトの片方が時々点灯しない→交換
  • 窓ガラスの停止位置が悪く、引っかかってドアが閉まりづらい→調整
  • 後ろガラス付近からきしみ音→調整すること数回
  • エンジンが冷えているときハンドルを切るとガーガー音がする→ハンドルの油圧ポンプ交換
  • 幌を開けたら油圧の油が噴出し幌が油まみれ→油圧ホースと幌を交換
  • ガソリンが入っているのに燃料計が0→燃料ポンプ交換
  • エンジンをかけてしばらくするとエンストする→センサ交換

覚えているだけでこれぐらいはあります。きっともっと小さな故障もあったかと思うのですが覚えていません。最初の3年目の車検以降はエンスト事件ぐらいでほとんど故障らしい故障はしていないと思います。これまでの感覚ではBMWは電装系、メルセデスは油圧系が弱い気がします。この車はどこまで走ってくれるでしょうか。もう12万キロは目前まで来ています。