ガソリン高騰対策、クリーンパワーマグSSを試す
4月から石油元売がガソリンの卸価格を一斉に5円程度の値上げをすると先日ニュースがありました。4月から徐々にガソリンが上がるのかなぁ、いやだなぁ、と4月1日にガソリンを入れたら、いきなり5円程度値上がりしているではありませんか。私はハイオクを入れているので最近の平均は125円でした。それがいきなり130円で4%の値上がりです。ニュースでは原油価格が最高値更新といっているし、この状況はしばらく続くでしょうね。

こんなこともあろうかと、先月に燃費向上グッズを試してみることを思い立ち、ホームページで見つけたクリーンパワーマグSSなる商品を購入。満タン給油3回、1154Kmを走ってみて、効果有無の判別が大体ついたので、ここにお披露目です。

試した車はメルセデスCLK320カブリオレ、ハイオクガソリンエンジン3.2リットル、10-15モードが8.6Km/L(1999年モデルで手元にカタログがないのでうろ覚え)です。走行パターンほぼ毎日片道27Km、そのうち22Kmは横浜新道・第三京浜という有料道路を使い、ほぼ時速100Km/h以上の速度で走れるので高速道路とほぼ変わらないといっていい道路を往復し、週末には渋滞のない高速道路で裾野に移動しています。渋滞が嫌いで、なるべく有料道路や大きなバイパスなどを走るようにしています。ですからここ1年の平均燃費は9.3km/Lで10-15モードも上回っているのがちょっと自慢。この3月で新車購入から6年が経過し約11万5千キロを走りました。先日、エンジンがエンストする故障がありましたが、それ以外はここ数年故障らしい故障はありません。まあ、毎日乗ってると調子がいいんでしょう。無料でなんでも直してくれるメルセデスケアが効く3年間はヘッドライトや幌など交換して悪いところが出きっているんでしょう。その故障の話は別の機会にでも。

クリーンパワーマグSSの売り文句は高速運転時に燃費最大40%アップといいます。私の走行パターンの場合、平日全体の80%が高速運転なので、これが40%アップしたらがガソリン代が76%に減る計算です。まあ、40%は無理としても20%向上しても86%に減るので3万2千円もする商品でも試す価値ありと判断しました。年間25万円ぐらいガソリン代を使うので1年で元が取れる計算です。たぶんこれから先はガソリン代も高い状態が続くのでもっと早く投資が回収できるのではと試算しました。

この商品を選択した大きな理由は燃費向上の数値うんぬん以外に2つあります。1つはホームページに掲載されている取り付け方法が私の車と全く同じなので、ガソリンホースがどれだとか悩む必要が全くない。もう1つは効果が感じられなかったら無条件で返金してくれるという自信です。

商品が届いて週末まで待ちきれず、早く家に帰れた平日に早速取り付けることにしました。まずは取り付ける前に満タン給油して、満タンからすぐに効果が計れるようにしました。今回は同僚の葬儀に出るため渋滞の道を20分ほど走ったので、いつもより燃費が悪く8.66Km/Lです。

この商品は要するに強力な磁石です。ガソリンホースを磁石で挟んで、かつホースを潰して取り道を細くするとガソリンの分子が電磁誘導で細かく分かれて完全燃焼するから燃費がよくなるという理論です。写真の青い物体がクリーンパワーマグSSです。HPに同じエンジンルームの取り付け写真があったからこそ分かるものの、素人にガソリンホースを判別するなど不可能ですね。

年数が6年も経過しているせいか、ホースは思った以上に硬く、スペーサなるアルミ板が4枚付いているのですが、標準の2枚をつけて締め付けることができず、まずは1枚だけつけてゴムが徐々に変形して次の機会にもう1枚挟むことにしました。HPには取り付け時にバッテリをはずして車のコンピュータが覚えた燃料噴射の癖をリセットするとありましたが、商品に同梱の取り付け説明書には書いてなかったので、邪魔臭いのもあってバッテリは外しません。425Kmを走ったので1回目の給油。燃費は9.25Km/Lで特に変化を感じません。マグSSを取り外しアルミ板をもう一枚追加して標準の取り付け状態にし、その後126Kmを走ったところで、バッテリを外してみることにしました。マイナス端子を外して10分ほど放置しておくとコンピュータが覚えている癖を忘れてくれるそうです。まねて15分ほど外してみました。時計が狂ってしまいましたが走行距離などは消えません。そりゃそうですよね。実は同じようなリセット処理を前述のエンスト故障のときもディーラーがやっています。

328Km走って2回目の満タン給油。燃費は9.82Km/Lでした。数値的には向上しているように見えますが、私の経験からすると給油した人によって満タンの具合が違うし、これぐらいの変動は日常茶飯事です。別にビックリする燃費でもありません。さらに400Km走って3回目の満タン給油。燃費は8.35Km/Lで今回は悪かったです。たぶん週末にギョウサを食べにいって渋滞に20分ほど巻き込まれたのが原因でしょう。その渋滞箇所は、前回遭遇した同じ箇所なので条件は五分五分ですね。で、3回満タン計測したので過去のデータと比較です。

下はここ1年の燃費(折れ線)とガソリン単価(棒グラフ)をグラフにしたものです。オレンジの4回はスタッドレスを新品に交換してからの4回の計測で装着前、緑は装着後の燃費です。タイヤを履きかえると燃費も変動すると思っているので、オレンジ以前の部分とは区別してみました。どうでしょう、私的にはとくに変化を感じることができません。トルクアップなどの体感的にも変化はありません。せめて全体的に10%向上して10Km/L以上を連発してくれたら効果ありと認めようと思っていましたが、良くもなく悪くもなく変化なしってところです。走行パターンや燃料給油の状況で燃費が大きく変動するもので、去年の6月に11.69Km/Lをマークしたときは、静岡の花博に出かけ、大雨のため時速100Kmぐらいで高速道路を定速走行して、なおかつ次回が7.85Km/Lと大幅に悪いのから前回が満タンではなかったためと思います。あと、3月6日にガソリン単価がいきなり112円に下がり目を疑いました。給油はなるべく同じガソリンスタンドを利用しています。川崎の勤め先近く・近所のセルフ・静岡の3箇所のいずれかですが、このときセルフで単価がいきなり安かったのは、お店が単価を機械にインプットしたとき、本当は121円なのに112円と入れ間違ったのではないかと疑っています。130円から比べると夢のような数字ですよね。

装着前後の3回を比べてみると下表のように0.9%向上と算出されます。誤差の範囲で変化なしと判断すべきでしょうか。うーん、残念。期待してたのになぁ。

  ガソリン数量(L) 走行距離(Km) 燃費(Km/L)
装着前 107.02 961.5 8.98
装着後 127.43 1154.5 9.06

実燃費で20km/L以上走るというプリウスがうらやましいです。先日、トヨタのハリヤーにもハイブリッド版が出ました。もっといろんな車種にハイブリッドが普及してくれると私が購入するチャンスも増えて嬉しいのですが。この前ハリヤーの10-15モードから燃費向上分から得られるガソリン節約代金がハイブリッド化するために掛かる費用(たしか50万円ぐらいとどこかに書いてありました)をどれくらいで回収できるのか計算してみたら3年と出ました。微妙ですな数字ですが、ハイブリッド車に乗っているという優越感が味わえるので、それだけでも優位とするべきでしょう。


その後、後ろ髪を少し引かれながらせっかくつけたクリーンパワーマグSSを取り外し、安心購入プランを使って返品依頼書をFAXしました。すぐに返品先が書かれたメールも届き、返品したところ、商品がお店に届いた日には銀行口座に振り込み手数料を除いた全額は返金されていました。対応はとてもスピーディで親切でした。