ブリヂストンREV01の感想
週末、御殿場で大雪に会い、思わず出先だというのにスタッドレスタイヤを買い換えた話はしました。で、雪道一般道、乾燥一般道・高速道を走ってきて得られた感想なぞ。ちなみに後輪駆動で前後とも205/55R16です。

まず、雪道ですが、新品でゴムのたわみも十分あるので効くのは当たり前といえば終わりなのですが、結構いいです。磨り減ったMZ-03では不安で一杯だった雪の坂道でも安心して発進できます。後輪駆動でホイルスピンするとブレーキが掛かって滑らないようにする装置がついているので、空転するとインパネのランプが光ってすぐに分かるのですが、明らかに空転が少ないです。下り坂でブレーキ踏んで滑るとABSがクックックッと介入しますが、かなり強くブレーキを踏んで意図的に滑らそうとしないと、ほとんどABSが介入してきません。新雪で少し雪が柔らかいとまず滑りません。気を使うのは圧雪で表面がピカピカになっている部分や凍って黒光りしているアスファルトぐらいです。

それより感心したのは乾燥した高速道路でハンドルが取られないことです。MZ-03を履いて初めて高速に乗ったとき、120Km/hぐらいで走ると、ハンドルを回しているわけでもないのに、左右にムニョムニョと車体が持って行かれる感覚があって不安定でした。それでも溝がだんだん減るにつれてなくなり、買い換える直前では全くありませんでした。このREV01は新品でゴムもさらに柔らかそうなのに、そんなムニョムニョ感がまったくありません。正直、直線を走っているときはスタッドレスだと分からないぐらいです。

ただし、カーブを曲がるとグニョグニョ滑り始めます。御殿場から太井松田の上り線で最後のトンネルを抜けると左右にカーブする下り坂が続きますが、120Km/hでは危ないです。明らかに横滑りしており、ハンドルの重さに伝わってきます。100km/hぐらいなら安心して走れるぐらいです。

もっとも特筆するのは音が静かなことです。夏タイヤからスタッドレスに履き替えると、タイヤパターンからくるウォーンというウナリのような音は仕方ないと思っていました。MZ-03は赤信号の交差点でブレーキをかけながら減速・停止するとき停まる10〜20mぐらい手前でウォーーーンと音が大きくなりスタッドレスタイヤとすぐに分かります。ちょうどパターンから発生する音と車のボディが共鳴する速度がその辺にあるのです。REV01は音がほとんどしません。今までで一番静かなスタッドレスタイヤです。

前の車でMZ-01を履いたとき、スタッドレスの効きの良さに驚き、今の車は高速安定性を求めて買ったピレリの何とかというやつは、1年目は全く雪上を走らず2年目に雪上で全く歯が立たず即買い替え、MZ-03ではMZ-01のときと車が違うので比較するのは難しいけど、そんなに変わらないかなぁ、という感想を持ってましたが、REV01は高速安定性と静かという新しい価値を感想に持つことができました。