シーズン途中でスタッドレス買い替え
去年の夏が暑かったので今年の冬は雪が多いと予想はしていたものの、12月のあまりの暖かさにスタッドレスを買い換える気にもならず、4シーズン目(もしかしたら5シーズン目かも)に突入のブリヂストンMZ-03を履いて過ごしてはみたものの、年末から雪・雪・雪。静岡の裾野に来るたびに雪に会い、今日も昼から大雪。

買い物に出かけると、いつも通る道はガス工事とスタックした車で大渋滞。工事の交通整理をしているおじさんが言うには、2時間以上車が進んでいないという。思い切って南富士エバーグリーンラインを登り、御殿場の自衛隊駐屯地の方へ降りることに。もうスタッドレスタイヤとして通用しなくなるサインが見えそうになるまで減ったタイヤで突破できるのだろうか。それでも頂上の分岐までの登りはそれほど心配することもなく登ってこれました。頂上から御殿場方向に下り始めると前に2台の車が。目の前は新型プリウスで夏タイヤで前輪にゴムチェーン。もう1台前は前輪駆動のワゴン車で前輪チェーン(だと思う、4輪スタッドレスだったかも)

雪がなければ狭くもない道幅も、除雪された雪が道端に積もって普通車が2台ゆっくりすれ違うぐらいの幅に狭くなりちょっと緊張。1/3ぐらい下ったところで2台前の車がいきなりスピン!プリウスと私は反対車線まではみ出て追い越し下山続行。またしばらくすると、今度はプリウスがスピン!また道を塞いでしまい、私は避けて下山続行。下り坂で夏タイヤに前輪駆動でチェーンだと、ブレーキ踏んで後輪が滑り始めたらあっという間に車体が回転し始めるのって怖い。プリウスって山を下るときはずっと充電しているのだろうか。

そのうち、前方に5台の車が立ち往生。うち1台が横向きに止まっている。どうなっているのだろうと、車を降りて歩いて近づいていくと、地面が圧雪でツルツル。ゴム長靴を履いているのに何回も滑って転びそうになりました。みんな隊列で走っていたら先頭1台がスピンして後続車も止まれずに路肩の雪に乗り上げてやっと止まったってところなんでしょう。チェーンをつけているのや4輪スタッドレスもあるが、夏タイヤだけの車が1台混じっていたけど、よくここまで降りてこられたなって感じ。スピンした車が体勢立て直して走っていったので残り4台を追い越していこうとした。が、ツルンツルンで全くグリップなし。ヌルヌルと滑り落ち始める。4輪ともロックしながらヌルーっと滑っていくのでABSも動作せず、懸命にポンピングブレーキを踏みながら反対車線の路肩の雪山にぶつかりようやく停止。焦った。あの路面でブレーキ踏んだら確かにスピンするわ。私も北陸育ちだから雪上で何回かスピンはしたことあるけど、回りだしたら運を天に任せるしかないしね。

もう、シーズン途中だというのにスタッドレスを買い換えるのは確定!

シーズン途中というより、あと数日で3月に入るという時期なのだから在庫もだんだん底をついてきているはずなので、あれこれ店を回るのは諦めてブリヂストンのタイヤ館に行ってREV01を4本、工賃・消費税ぜんぶコミコミで11万円で購入しました。履いてそうそう通りに出た途端、国道は凍っておりいきなり滑ります。まだ表面が剥けてないし仕方ないところです。あちこち買い物をする間も雪は降りやまず、帰りはまた下ってきた道を登るか、それとも渋滞して塞がっていた道にかけてみるか。ここで判断を誤ると大変なことになりそう。でも、もう暗くなってきたわき道のない山道を登って立ち往生したら遭難することになるので、まずは車通りの多いいつもの道から登ることにしました。いやー、タイヤも新品で上り坂の発進も楽々です。やっぱ、新しいと効きがいいです。