5インチベイ2段ぶち抜きファン
毎度どうも。今日はセンター試験の日です。私が学生の頃は共通一次と言う名前でした。で、恒例によって雪が少し降ってます。この試験の日に雪が降ることが多いと感じているのですが気のせいでしょうか。雪で電車が遅れるとか混乱することがよくあるので、別の日にずらしたらどうなんでしょうね。体育の日が過去30年の統計から晴天になる確率が高いという理由で選ばれたように。

寒いのでサーバの熱対策とは無縁ですが、今こそ夏に備えてファンの見直しをしなくてはいけません。今まで5インチベイ2段にわたって小さい3連のファンを2セットつけてましたが、うるさいうえに、1〜2年すると壊れるのであまり信頼できません。やっぱり大きなファンをゆっくり回したほうが静かで壊れないです。で、5インチを2段に跨って取り付けるファンがないかと探したら、たくさん見つかったので、CTS社のSF-7500NWなるファンと4ピンの電源ケーブルから電源を取りたかったので、電源変換ケーブル 大4P-3Pを1つ通販で買って、今日取り付けようとしたわけです。

箱を開けて「ありゃ?」と思ったのは、変換ケーブルが付属してました。なーんだ、だったらワザワザ買わなかったのに。前面のふたを開けると黒いスポンジのフィルタがはバネではまっています。裏から見ると3.5インチHDDが3個ぐらい入るスペースがあります。いま、サーバに組み込まれている前面のファンは1個が死んでしまい。もう1つもガーガーうるさい音を立てているので寿命まじかです(写真:左下)

このサーバに載せているHDDはチータという1万回転のSCSIディスクで保障シールを見ると平成9年に買ったと書いてあります。1997年ですから今年で8年目に突入。1999年からサーバに使って24時間運転させているので連続で5年は回ってます。8.4GBしか容量がないですが壊れないの流石です。そういえば、会社の課で立てているファイルサーバは、データ領域にIDEのディスクを2台ミラーしており、すでに2回HDDが死にましたがミラーで助かりました。Windows2000ServerとWindows2003でそれぞれ1回ずつ死にましたが、OSレベルのミラーですけど、新しいHDDに交換すると勝手に認識してミラーにする新しいHDDを指定するだけで、同期が始まり数時間すると勝手に直っているは結構すごいですよ。もちろん、同期している間も速度は少し落ちますが普通に使えます。なかなか経験しないですけど。パソコン用に出回っている普通のIDE-HDDは連続運転で2〜3年ぐらいで寿命がくるようです。

3台入るという触れ込みでしたがチータは分厚いので2台しか収まりませんでした。付属の変換ケーブルを電源につないでみると、ファンはウントモスントモ回りません。余っているコネクタに次々つなぎ直しても結果は同じ。買ったコネクタと見比べてみると別に変わっている様子もないし。ファンは+12Vで回ると書いてあったので、テスターを当ててみようとしたら手が滑って火花が散ってショート! もちろん電源が落ちて、スイッチを押しても何も反応がなくなってしまった。げー、とんでもないことに。「動いているサーバはいじるな」の格言がまた登場か? しばらくしてケース裏のメインスイッチを入れなおしたら電源が入りました。あせるぜ!頼むよ。

結局なにが悪いかというと、付属の変換ケーブルはプラスマイナスが逆のように思えるんですな。買った変換ケーブルにつなぎ直したら回りました。もう一度見比べるとGNDと+12Vが反対になっているみたいです。本当にこの付属の変換ケーブルでみんなは回っているんだろうか。ファンの回転方向も正しく前から風を吸っています。ファンの音は全くしなくなりサーバは静かになりました。