「魔法の杖」に頼ってみる
昨年の12月。テレビの「おしゃれカンケイ」に飯島直子が出演していたとき、恒例のバックの中身点検で出てきた小さな本「魔法の杖 プチ」。 私も何気なしに見ていたけど、飯島直子が仕事を請けるか、その本で占っていると聞いて、「なぬぅ〜? そんな頼りになる本があるのか?」と、アマゾンに探しに行きました。そしたら、そのときは24時間以内に発送となっていたので、966円の本一冊では送料が掛かってもったいないので、番組が終わってから送料無料になるような価格のCDと一緒に注文しました。それが12月5日のことです。

ところが、このテレビ放映で一気に人気爆発したらしく、次の日はいきなり売り上げランキング1位です。待てど暮らせど本は届きません。なんと、届いたのは年も明けて1月3日でした。なんと注文から1ヶ月も掛かったことになります。その間、他のインターネット上の本の通販を探してもどこにも在庫はなく、アマゾンでは中古品が5400円で売られているような状況です。新品が966円なのに中古で5400円ですよ!入手困難というのはすごいことですねぇ。今日確認してみると、重版重版で少し流通しだしているので中古品の値段は1860円まで下がっていますが、それでも新品は買えず。

さて、この本。もともとは普通サイズの「魔法の杖」をバックに入れて携帯できるようサイズを小さくしたものらしいですが、内容が同じだったら、持って歩くのも恥ずかしいので普通サイズで十分だと思います。この普通サイズは新品で入手可能のようです。占星術・タロット・手相占い・紅茶占い・トランプ占い・ダイス占い・水晶球占い・霊感占いの占い結果が約200ページ(なんと、この本にはページ番号が振ってないのでざっくり数えた枚数です)書かれており、両手で持ち、深呼吸をして、YesかNoで答えられる質問を唱えて、本をパッと開いたところに書いてあるのが答えだという、それはもう単純な仕掛けの本です。でも、こんな本を買ってしまうってこと自体、人間って弱いもので、その不思議な答えを見て「う〜ん、そうかぁ」と妙に納得してしまったり、理解に苦しむような答えの解釈にまた悩んだりするのです。

私が最初にこの本に問うたのは、1月3日に「明日は会社に行くべきか」でした。答えはよく覚えていませんが「すでに答えはわかっている」というような返事が返ってきたと思います。痛風の薬で下痢になっていたので出社はしませんでしたが。あなたも信じて頼ってみますか?ときどきトンチンカンな解釈不能な答えも出てくるので悩みも増えるかもしれませんが。