痛風になりました
年末も押し迫ったというのに、今週月曜から右足の調子がよくありません。右足のアキレス腱の付け根あたりが痛くって、土曜日に大掃除で頑張りすぎたかなぁと。でも大掃除でアキレス腱が痛くなるほど足使っていないし。で、火曜日はもっといたくなり、水曜日の今日、いたたた!と足を引きずって歩くぐらいに悪くなり、これは痛風ではないかと病院に行ってきた次第です。

実はここ数年、会社の定期健診で尿酸値が高いといわれ続けて、このままだと痛風になると言われてはいたんですが、足の親指に違和感を覚えたら食事を摂生してしのいできました。でも、今回はそんな予兆もないままアキレス腱が痛くなったので、まさか痛風だなんて。まあ、いつも血液検査で9mg/dlを超えてましたから、要治療といわれてたんですがね。

病院で診察室に入っていったら、なにも言わないのに、先生が開口一番「痛風?」と聞いてきました。「でも、このアキレス腱あたりなんですよ」「じゃ違うかもな、尿酸値高かったっけ?」「えぇ、まぁ、9ぐらいは」「じゃ、痛風だ、そこが痛いのは珍しいけど」

とまあ即刻、痛風宣言。痛風は日本人に圧倒的に多く、同じアジアでも中国や他の国々では少ないそうです。日本人の祖先は粗食だったので、核酸を作る原料の尿酸をあまり摂取できなかったので、一旦体内に尿酸が作られると、なかなか排出することなく、大事に体内に蓄積する体質だそうで。だから、尿酸値が高いと薬を飲んで溜まらないようにするのが治療で、溜まってしまったものは、もう出ないからずっと付き合っていくしかないですと。まあ、発病してからいろいろ言われても「うんうん」と納得するしかないですわ。

で、唯一減らす方法は、尿酸値を5ぐらいに下げると、たまった尿酸が徐々に溶け出して排出されるというのですが、5なんて私に可能な数値なんでしょうかねぇ。今年の正月は寂しい食事になりそうです。。。