ミカンの皮で油汚れは落ちる
今年は平年より暖かいそうで、ちっとも雪が降りそうな気配がないですが、とうとうスタットレスタイヤに履き替えました。今年は夏がすごく暑かったので帳尻を合わせるように寒い冬になると予想してたんですけど、ちがうんですねぇ。でもこういう気候の時は春先にドッサリ雪が降るような気もします。いま履いているスタッドレスタイヤはブリヂストンのMZ-03で今年で4年シーズン目に突入です。本当は去年で終わりして、今年は新調するつもりでしたが、今年は雪が少なそうなので、もう1年だけ様子を見ることにしました。山はもうギリギリスタッドレス対応状態で、今シーズンで間違いなく寿命を終えることでしょう。

一人でタイヤ交換は大変です。フロアジャッキで車体を上げて1本1本交換すると1時間半ほど掛かります。取り外したタイヤの内側はブレーキダストで真っ黒なので、ついでに洗ってあげるのですが、内側は1シーズンなにも手付かずなのでなかなか汚れは落ちません。で、ふと台所用洗剤のオレンジクリーンを思い出して使ってみることにしました。オレンジクリーンは、TVショッピングで一世風靡したオレンジグローの姉妹品で、オレンジオイルで油汚れを溶かして落とす系の洗剤です。ホイールの内側からシュー!シュー!吹きかけて、2/3分置いてスポンジで擦ると結構綺麗に落ちます。下手な車用ホイールクリーナーよりよく落ちますので、次回に試してみてください。

そういえば、洗車用シャンプーがなくって、台所にある花王のファミリー キュキュットを試してみたら、泡切れもよくって、洗った後にキラッとした輝きが増すような感じだったので、それ以来、洗車用シャンプーを買うのを止めました。これもお勧めです。

で、どちらの商品もオレンジオイルがポイントなんですが、オレンジオイルで油汚れが落ちるという事実。私は幼稚園の頃にすでに発見していました。だからオレンジオイル配合の洗剤が流行り始めたとき、やられたーと思いましたよ。幼稚園のころ、冬にコタツに入って、コタツ天板の上で、新聞の折り込み広告の裏に油性マジックで何かを書いていたら、裏移りして、天板がマジックで汚く汚れた経験はないですか?昔の広告は今のようにカラー全面広告でなくって、裏が白いのでよく書き物にしました。で、冬といえばミカンですよね。みかんを食べていて、剥いた皮で天板のマジックを擦ったら、汚れが落ちる気がしたので、皮を折り曲げてはじけ飛ぶ汁(黄色い皮を外側にして折ると汁が出ます)をマジックにつけてから擦ったらビックリするぐらい簡単に落ちたので、ばあちゃんに自慢げに報告してました。だから柑橘系の皮の汁は油汚れを落とすのは当たり前の事実だと、オレンジオイル配合洗剤が出るまでは思い込んでいたんですよ。小さいお子さんをお持ちの方、コタツの上で落書きされたらミカンの皮の汁で擦ってみてください。とてもGoodです。