秋空とラジコン飛行機
今年の台風は大変でした。いつもは秋空のはずなのに、毎週末になると台風が次々とやってきて、ドライブや紅葉どころではなかったです。もう11月に入ったので打ち止めでしょう。そろそろクリスマスの準備に掛かろうかというのに。

で、久しぶりに晴れた空を見ていたら、なんとなくラジコン飛行機でもしてみようかという気になりました。私が中学生のときは、電動ラジコンカーを趣味にしていて、最初は組み立てキットを買いましたが、2台目から部品を集めて自作して楽しんでました。時々、模型店主催で開かれるRCカーレースにも出場し、優勝したこともあります。あの模型店にはほんとよく通いました。あの頃、電動ラジコンカーは全部で1万〜2万円ぐらいしたと思いますが、エンジンカーや飛行機の部類は高くて中学生には手が出ませんでした。なんといっても一番高額なのはエンジンヘリコプターでしょう。軽く10万円ぐらいからスタートにだし、墜落すれば修理も相当お金が掛かるので、ぶつかってもバンパーが折れるぐらいの電動ラジコンカーとはレベルが違います。

が、実は8年前に電動ヘリに挑戦したことがありまして、そのときは墜落・修理を繰り返すうちにだんだん億劫になってしまい、いつの間にか部屋の隅っこに置き去りになり、やっぱり飛行機物は難しいから止めようと思ったのでした。ところが、この前、インターネットで電動ラジコン飛行機を探していると、入門者向けで、値段もフルセットで1万5千円。組み立て時間も5分程度と、超!お手軽なHPI ミニフライヤー なる飛行機を見つけたので早速注文したのでした。

 届いた箱を開けると確かにほとんど組みあがっていて、やる仕事といえば、垂直尾翼をネジ止めして、プロペラと車輪を差し込むくらい。バッテリの充電時間さえなければ5分で飛ばせます(飛ぶかどうかは腕次第なので飛ばそうとすることができるというのが正しい表現でしょうか(^^;) プロポにアルカリ電池8本だけば別に買う必要があります。さて、本番に入る前にシュミレータで軽飛行機を飛ばす練習をしなくてはなりませんね。

つづく