日産、フーガに試乗してきました
2週間前に日産フーガの展示車を見てきましたが、試乗車の準備ができたので見てきました。この前の展示車は350XVというラグジュアリータイプのグレードでしたが、試乗車に用意されていたのは350GTというスポーツタイプで、アルミのメッシュのような内装です。まあ、内装は好みの問題といういうことで、運転したときの感触がどうかが今回のポイントなのですが。

乗り込んでブレーキペダルを踏んで右側のスタートボタンを押すとエンジンが掛かります。速度・タコメータの針がいっぱいまで一度振り切れてから通常の値を指します。テレビCMで見たのと同じで、これは実車に組み込まれた演出だったんですね。運転席のメーター類は奥まったところにあるので、昼でもイルミネーションで光っています。

歩道を跨いで一般道に出るとき、ゴツン!という結構なショックが。それから轍で凸凹した舗装路を走ると、ゴトゴトした感触が伝わってきます。そう!想像していたよりずっと乗り心地が硬いです。奥様は後部座席に、営業マンは助手席に乗り込みましたが、ムラーノに試乗したときとは違って、奥様から良いも悪いも反応が聞こえてきません。試乗から帰ってきて車を降り、開口一番、「オフロード車と思ったら4ドアセダンなのね」
それほど乗り心地は硬かったようです。350GTのGTというから、固めなのかと思ったら、350GTスポーツパッケージというのは19インチタイヤで245/40/R19で専用サスペンションだけど、この350GTというのは、225/55/R17でサスペンションは他のグレードと一緒ということです。 この前見た350XVの内装と、このゴツゴツ感はちょっと似合わないですねぇ。

広い3車線道路で思いっきりアクセルを踏んで加速、100km/hぐらいはあっという間に到達します。3.5Lエンジンはなかなかの加速力です。ただ、高回転で回っているときはうるさいのは仕方ないとしても2・3千回転で回るときも結構な音で、エンジン音が好きな人はいいでしょうが、高級車と呼ぶにはちょっと騒がしいほうでしょう。アイドリング回転数も800回転ぐらいあって、ハンドルに振動が多少伝わってきます。パワーステアリングは高速時に重く、低速で交差点を回るとすごく軽くなります。

助手席側のドアミラーにはサイドブラインドモニターが組み込まれ、交差点右折車線に入っていくときでも、車の間をすり抜けるときの車幅確認にも有効でした。この機能は便利です。世界中の車につけてほしい良い機能ですね。

350GTの価格は420万円で高級車の部類ですが、見た目がセダンの割には乗り味はゴツゴツでしっとり感がなかったのが私としては残念でした。トヨタのクラウンやBMWからの乗り換えが多いと営業マンが言ってましたが、クラウンとは明らかに性格が違います。ガンガン走るのが大好きな人にはお勧めでしょう。

<関連記事:日産、フーガを見てきました(04/10/16)>