BMW 120iに試乗してきました
この秋はたくさん新車が発表されて楽しいです。今度は、BMWが新しく加えた1シリーズの120iに試乗してきました。そのうち2シリーズも発売されるそうで、そちらはクーペスタイルだそうです。

120iの名の示すとおり、2000ccエンジンですが、もうひとつの118iも2000ccでエンジンが違うのです。最近、番号でわからなくなってきたですねぇ。私が325iカブリオレに乗っていたころは例外の数字はなかったのですが。

右ハンドルで相変わらずハンドル周りは左ハンドルそのままです。乗り込んでキーフォルダーのようなキーを左前のくぼみに差込み、ブレーキを踏んでSTARTボタンを押すとエンジンが掛かります。最近この手が増えてきました。トヨタのプリウスもクラウンのそうでしたっけ。ポケットに入れておくだけでエンジンがかけられるとか。でも、これはキーを差し込む必要があります。

エンジンは2リットルで150馬力ありますので、なかなか元気に走ります。青信号ダッシュでアクセスをブチッとスイッチが入るまで踏み込めば、思いっきりがんばってくれます。BMWはアクセスペダルを思いっきり踏むと、スイッチが入って、エンジンが最大限の性能を出そうとするので私は好きです。どこまで踏めばどれくらいがんばれるのかわからないのは、いざというときもたついて、あれー、って危険なことがありますから。

ハンドルは小ぶりで日本車と比べると重めです。日本車のパワステに慣れている人には重いと感じるでしょう。でもいいところは、轍で路面が凸凹しているところでもハンドルは取られにくい感じがしました。単にパワーアシストが少ないのではないようです。

この日は台風22号が関東に接近中、ひどい雨で車どおりも少なく、レインセンサー付きワイパーの実験にはもってこいでした。オートにしておくと、雨の量に応じてワイパー速度を切り替えてくれます。といっても無段階ではなく、停止・間欠・LOW・HIGHを切り替えてくれるだけですが、まあ役に立ちそうです。ただ、車が走り始めてすごい雨がフロントガラスに当たり始め、ちょっと見にくいんだけどなぁ、と感じ始めたときより遅れて切り替わるので、もう少しリアルタイムに切り替わればいいのになと思いました。ワイパースイッチを向こうに倒すとリアワイパーも間欠で動いたりします。

ちょっとビックリしたのはスペアタイヤがありません。1シリーズもランフラットが採用されてスペアタイヤがなくなりました。おかげで10Kg軽くなったそうです。昔のランフラットタイヤに比べればショルダーの硬さが取れて乗り心地は良くなったそうですが、タイヤの値段が高いので、距離をたくさん乗る人はちょっともったいないですねぇ。パンクの確率を考えたら応急のパンク修理剤を1本積んで普通タイヤにしたほうが経済的で乗り心地も良くなりそうな。

1つ気に入ったのは、最近、5・6・7シリーズに採用され始めたウィンカースイッチです。レバーが短くてちょっと触るぐらいでウィンカーが出て、レーンチェンジで3回ぐらいウィンカーを点滅させるときも、ちょっと触るだけで手を離しても3回点滅して止まります。こんなもんが本当に役立つのかぁ、と最初は疑ってかかったのですが、使ってみると意外と便利!お勧めです。

という感じで全体的な印象は昔試乗した318iコンパクトに似た感じでした。サイズが似てるからそうですよね。来年あたりは3シリーズも新しくなるそうで、そのときはランフラットタイヤやウィンカーが採用されてくるんでしょう。