横浜市も分別ごみ収集開始
とうとうというか、やっとというか、10月1日から横浜市も分別ごみ収集を開始しました。

今までも、燃えるごみ・缶ビンペットボトルぐらいには分けていたのですが、今度からは、

  • 家庭ごみ(燃やすごみ)
  • 使用済み乾電池
  • スプレー缶
  • 燃えないごみ
  • プラスチック製容器包装
  • 缶ビンペットボトル
  • 小さい金属類
  • 古紙
  • 古布

に分別します。自治体によってはもっと細かく分別しているところも知っているので、まあ、始まったかなぁぐらいの感覚なのですが、配布されているごみの出し方パンフレットにはいろんな品物がどの分類に入るか書かれていて、これがちょっと変なんですよ。基本思想は「商品を包んであったものはリサイクル、そうでない包装は燃やすごみ」なので、こんなへんな指示が書いてあります。

  • ティッシュペーパー(購入したポケットティッシュ)の包装→プラスチック製容器包装
  • ティッシュペーパー(もらったポケットティッシュ)の包装→家庭ごみ

後者の理由に「中身が商品でないため」とありますが、買おうが街頭でもらおうが品物としては同じなんですが、入手経路によってごみになったりリサイクルされます。ほかにも???とはてなマークがいっぱい付くのがありまして、

  • 発泡スチロール(商品などを包んでいたもの)→プラスチック製容器包装
  • 発泡スチロール(宅配便などの梱包に使用していたもの)→家庭ごみ

後者の理由に「中身が商品でないため(通信販売に使用されたものはプラへ)」とあります。通信販売でも実家から送ってくるときでも、オークションの個人取引でも、発泡スチロールはそれほど違いがあるとは思えないんですが。

というわけで、なんか変ですよね。

それはさておき、分別するとゴミ箱がたくさん要ります。案の定、近所のイトーヨーカ堂には3つ4つに分別できるゴミ箱が山済みになって売られていました。分別してみると家庭ごみの次に多いのがプラスチックで、次が紙ですね。最近の原油高騰はプラスチック容器や包装に影響するんでしょうか。