HDDレコーダにセキュリティホール?
最近、東芝のHDDレコーダにセキュリティホールがあるとの話題があるそうです。調べてみると、ネット経由でiEPG予約できる仕組みを利用したスパム攻撃のようです。
うちにも1台、RD-XS40がありまして、2003年夏に買った当初にDNSに名前を登録して、出先から家にあるHDDレコーダ予約画面を出して使おうかなと思ったのですが、なんせ、iEPGの予約の仕組みがPROXYでできているものですから、パスワードが破られようものなら、踏み台にして家の中側からアクセスされてしまので、あきらめた経緯があります。本当なら、DNSにvideoのような名前を登録して http://video.ikehouse.co.jp のようなURLで出先からアクセスできたら、すごく便利だと思うのですが。

ここで、このHDDレコーダの予約の仕組みを説明しましょう。本体設定でiEPG予約に使用するWebサイトを登録します。私はtv.nikkansports.comを登録しています。また本体名もvideoと登録してあります。パソコンのInternetExplorerでhttp://videoにアクセスするとネットナビ画面が開き、iEPGボタンをクリックするとURLが

http://video@@@@@@tv.nikkansports.com

となり日刊スポーツのTV番組表が開きます。番組表のiEPGボタンをクリックするとURLが

http://video/program/0/b_proginfo.htm

となり、番組情報が取り込まれてネットナビ画面に戻ってきます。

気づくと思いますが、http://video@@@@@@ の後ろに有効なURLを書くと、PC→HDDレコーダ→どこかのWeb の経路でどこでもアクセスできるということです。IPアドレスを書くことも可能なので、http://video@@@@@@192.168.100.1 などと書けば、家庭内に設置してあるルータなどの設定画面に到達できます。さらに、このHDDレコーダにグローバルIPを割り当ててDNSに登録すると外部から http://video.ikehouse.co.jp でアクセスできるのは便利なのですが、http://video.ikehouse.co.jp@@@@@@192.168.100.1 などと入力すれば内部にある無線LANアクセスポイントやルータの設定を書き換えられる可能性があるわけです。いくらユーザ名とパスワードが掛けられるといってもちょっと不安ですよねぇ。RDスタイルをご利用の方はお気をつけください。