日産、ムラーノに乗ってきました
先週、日産が一気に6車種の新車発表会を横浜で開きました。その中にムラーノという変な名前の車が1台あります。少し前から無言のテレビCMが流れていて、自動車サイトでも話題に上がっていた車です。近くの日産ディーラーに電話したら試乗車があるというので、お昼を食べるついでに出かけてみました。ムラーノの由来はイタリアのベネチアングラスの産地の島の名前だそうです。

ムラーノはSUVのカテゴリーの車で、トヨタのハリアーと同じような価格帯でしょうか。ただ、デザインは今までの車より奇抜で興味を引きます。今回試乗したのは3つあるグレードの真ん中で、3.5リットルV6エンジンでCVT無段変速、2WDです。

営業マンに説明されて気づいたのは、SUV独特の左前のキノコのようなミラーがなく、左ドアミラーの根元にもう1つミラーが付いていて、外から見回してもわかりません。あのキノコミラーってちょっとかっこ悪いんですよね。これはよい方法です。それに、左ドアミラーにカメラも埋め込まれていて、左前タイヤ付近を助手席との間のモニタに映し出すことができます。これなら左前輪を脱輪する心配もなく車を寄せることができます。ギアをバックに入れると後ろの風景も映し出されますし。

3.5リットルとCVT無段変速の組み合わせは非常にスムーズで変速ショックもなく良い印象です。トルクも太いのでエンジンが高回転にならず静かに加速します。この手の重い車のSUVは出足の1速目が結構ローギア気味で、なんとなくトラックの出足にような味があるんですが、CVTにはつなぎがないので普通のセダンのように走り出します。一応6速の段をつけてシフトすることができますが、最終ギア比がかなりハイギアなので高速道路で巡航すると燃費はかなり良いかもしれないです。

シートは黒の本皮でシートヒーターが付いているので寒い冬でも大丈夫でしょう。内装は全体的にすっきりしていて、あまりゴチャゴチャ物が付いていません。インパネ周りも少ないので、豪華な雰囲気が好きな人には物足りないと思います。

ライトはキセノンでLOW/HI共用。パッシングもキセノンを点灯するんですが、あれって回路に悪影響はでないんでしょうか。

オーディオはBOSEが付いていて、後ろの荷物室の床下にタイヤスペースがあるんですが、その中心にスーパーウーファーが入ってました。音はBOSEがセッティングしたので音量が小さくても低音までバランスよく聞こえます。

タイヤは大きく、225/65、18インチでオールシーズンタイヤが付いていましたが、あの細かいパターンで本当に雪道が走れるのか不安です。昔、アメリカをレンタカーで走ったときにオールシーズンタイヤが付いていて、山岳道路にいくと急に雪が降ったり、下界に下りると灼熱の原っぱだったりして、多少雪が積もってもオールシーズンタイヤって結構いけるもんだなぁと関心はしたんですが、パターンだけ見てると不安になりますね。

シートは本皮ですが、皮は薄めで、座った感触はソファーに近いです。横幅はゆったりしてますが長距離運転すると腰が痛くなる気がします。もう少し硬くしたほうが長い間運転しても疲れないんですけどね。電動で調整が可能ですが、メモリー機能がないので体格の違う旦那と奥様が運転するとポジション調整に手間取ると思います。

あと、車幅が1880mmもあります。日産のセダンでシーマが一番幅広だと思いますが、それでも1845mmなので駐車場もかなり広くないと入れるのに一苦労するかもしれません。おまけに最小回転半径が5.7mです。試乗中、交差点でUターンしてきたんですが、片側3車線あったので回れましたが、2車線だと切り返さないと無理ですね。ボンネットも結構ふっくらしていて前方がどれくらいなのか全く見えません。コーナーポールがお勧めオプションだそうです。

総合すると、なかなか良い印象でした。奥様もまあまあだったようです。このデザインは後ろからみると、なんとなくマーチにも似ているような丸みがありますね。次はフーガというセダンが登場します。また見てきましょう。