雨の日は電話不通
今年は猛暑でしたが、9月にはいると急に涼しくなった気がしませんか。それに台風も多いですよね。このまま涼しくなってしまうんでしょうか。すると、今年の冬は大雪のようなl気がします。去年は雪が少なくてスキー場は大変でしたからね。

さて、先週末。義姉から携帯に電話があって、家の電話がずっとお話中だというんです。うちは長電話はしないし、そもそも誰も電話していないので、へんだなぁと思って受話器を取ってみると、本当にお話中のツーツー音がします。ためしに携帯から自宅に電話してみると、本当に話中になってます。外は昨日から雨続きで、傘を持って電話引込み線近くの保安器を見に行きましたが、暗くてよくわかりません。

日曜の夜なので、113に電話してみましたが、受付時間外ということでオペレータは出ませんでした。でも、緊急時には受け付けるコードがあるので、それを打って男の人が出てきて、症状を話すと、取り合えず機械の故障も考えられるので、壁のジャックからケーブルを抜いてくださいというので言うとおりにしました。向こうで信号レベルがわかるようで、回線状態が確かに変だそうです。月曜日に見に来てくれるというので、電話はあきらめました。外の雨はあがったようで、もう一度受話器を持ち上げると多少雑音が入りますが普通のツー音に変わっています。大雨の影響なのかもしれません。

次の日、奥様が会社を休んで電話会社の人が来るのを応対しました。お昼ごろに自宅に連絡すると、すでに工事の人がやってきて、いろいろ調べてみたけど特に異常が見つからなかったそうです。そんなことないと思うんだけどなぁ。こんなこと初めてだし。

月曜の夜はまた雨でした。雨がザザーッと降るとやっぱり調子が悪くなって、ガリガリと雑音がしてきます。まあ、多少雑音がしたって勝手に話中にならなければ大事な電話も逃すことないわけだし。

ところが、今週末はまた雨でして、土曜日の夜に、また義姉から電話があって、話中になっていると教えてくれました。こんなこと続きでは電話の意味もなさないので、また113に電話して日曜日に電話会社の人が見に来てくれることになりました。とにかく雨が降っていないと再現できないのはわかってきましたから、日曜は雨が降ることを祈るだけです。

日曜日の朝。期待を裏切って雨は降っていません。こんなんでわかるのかなぁ。妻曰く、今度の人はこの前とは違う人だそうです。雨になると調子が悪くなるので、とにかくどこが悪いか原因を突き止めてほしいとお願いしました。1時間ぐらい探していたでしょうか。電線の一部が悪くなっているのを発見し、交換するケーブルを取りに帰って、結局2時間ぐらいかけて直してくれました。取り外したケーるるをみると、黒い皮膜がはがれて中に3本の細い線が入っているのですが、そのうち白い線がボロボロでした。別のケーブルを張るときに引っ張って擦れて、熱で皮膜が剥がれたあとに、経年劣化で中の線の皮膜もひび割れてボロボロになり、雨が降ると絶縁が悪くなって話中になったりしていたようです。

とにかく助かりました。原因もはっきりしたことだし、これで雨が降ってももう大丈夫でしょう。それにしてもケーブルの張替えで応援を呼んだのだけど、誰も着てくれなくて一人で張り替えてましたけど大変そうでした。ご苦労様です。似たような症状になったら、皆さんも引込み線のケーブルを疑ってみてください。電信柱の黒い箱から家まで引き込まれているヨリ線です。