1980円のウィルスセキュリティを試す
まだNetSkyウィルスがいっぱい飛び交ってます。いつになったら収束するんでしょう。普段使いのLet'sNoteに入れてあるシマンテックのAntiVirusの購読期限が今月で切れるので、そのまま続けようか、ほかのを試してみようか悩んでたのですが、最近TVコマーシャルで1980円シリーズで出ている、ソースネクストのウィルスセキュリティ2004を試してみることにしました。なんせ毎日10通ぐらい、NetSkyに感染したメールが飛び込んでくるので、検出してくれなかったら一大事です。

まずはNotronのAntiVirusだけを削除してインストールしてみたら、ネットワークが全くつながらなくなりました。注意書きにはLiveRegとLiveUpdateをアンインストールしてくれと書いてあるにはあるが、AntiVirusは使わなくてもSpeedDiskとかは使いたいのに、全部アンインストールしてくれってか。仕方ないので全部アンインストールして、ウィルスセキュリティを再インストールしたらネットワークは使えるようになり、使用開始の手続きもできました。

さて、最大の関心は本当にウィルス検出してくれるのだろうな?ということです。Outlookを立ち上げるといくつかウィルス検出されました。履歴を見るとNetSkyです。恐る恐るメールを開くと添付ファイルは

K7AntiVirus detected W32.NetSky.P.IWorm virus in this attachment(message_gfc03143.doc.pif)
and has Quarantined the attachment

というテキストファイルに置換されてました。検出は効いているようです。それからNortonのSystemWorksをアンインストールしたためか、なんとなく動作が軽くなったような気がします。このウィルスセキュリティにはウィルス検出だけでなく、不正侵入防止のファイアウォールと、個人情報漏洩監視の機能が入ってますが、このファイアウォールがちょっと曲者で、ネットワークにアクセスしようとするソフトを片っ端からリストアップしてきて、アクセス許可するかたずねてくる。共有フォルダにアクセスするのも確認が必要なほどなので、いやになって「完全に開放」という動作モードを選ぶのですが、それでも、たまーに、このファイアウォールがメモリアクセス違反(C0000005)で死んでしまいます。きっと何か不具合があるんでしょう。

ファイアウォールは時々死んでしまう

あと、私にとって一番の関心事は、注意書きに書かれている、WindowsXPではユーザ切り替えを使わずにログオフしてからログオンしなおす、というものです。個人用と会社用の2つのアカウントを同時に使う私にとっては、片方は検出して、もう片方は検出できないというのは困るのです。個人用にログオンしたまま、会社用でもログオンすると、画面にはウィルスセキュリティが全く動いていないように表示されます。げーっ!本当に検出してないんだったら使えないかも。会社用はVPNで守られたネットワークなので、ウィルスが検出されること自体、大問題なんだけど、それでも両方監視してもらわないと。

実験のため、最初に会社用でログオン。ウィルスセキュリティの表示はOK。次に個人用でもログオン。表示はNG。そのままOutlookを起動してメール受信してみる。すると、添付ファイル付きメールをいくつか受信。うーん、このメールは開いても大丈夫なんだろうか。ネットワークを切って、勇気を出して開いてみた。すると、添付ファイルは上記のようにK7うんぬんに変わっていた。どうやら、ユーザ切り替えすると、サービス動作しているエンジンの様子を2番目のユーザが観察できないだけらしい。

ここ数日で検出したウィルス付きメール

ということで、一応合格ということにしました。ファイアウォールはちょっと怪しいですけど、個人情報漏洩機能も使うつもりもないので、ウィルス検出だけ使い続けてみるつもりです。ちなみに、この製品を作っているのはK7 Computingというインドの会社です。