デジタル一眼レフ、ニコンD70レポート
ちわ!ゴールデンウィークが始まりました。今年は日並びがよくて11連休って人もいるんでしょう。いいなぁ。私は7連休にする予定です。

で、ニコンのデジタル一眼レフ、D70を購入しました。前に一眼レフと同じ雰囲気で撮影できるPanasonicのDMC-FZ1を買いましたが、キャノンのEOS KissデジタルやD70が10万円台で購入できるようになって、やっぱりデジタル一眼レフがいいなぁ。と1ヶ月ほど迷って連休前に購入してしまいました。私はプロのカメラマンでもないし、詳しいレポートはPC Watchなどにも紹介されているので、普通のデジカメ使い人の目から見たD70の使用感をレポートしてみましょう。●は良いと思っている点、▲は良くないと感じる点です。

▲でかくて重い
でかい!重い!本体だけで600g近くあるのでレンズを着ければ確実に700gを超えます。普通のデジカメなら200gとかぐらいでしょからズッシリ重いです。それに図体もデカイので気軽に持ち歩く代物ではありません。肩にかければ、もう、カメラ小僧に変身です。大きいほうがD70です。

●速い
ピントが合うのが速い。シャッターはボタンを押したと同時に切れる。当たり前のことなのですが、さすが根が一眼レフだけあって、デジカメとは違います。またシャッターを切るとき自然なメカ音がするので、おー、写真とってるー!って感じです。

●連写ってステキ
なんと、秒3枚シャッターが切れて、さらにメモリが一杯になるまで止まらない。D70を選んだもっとも大きなポイントはこれです。512MBのコンパクトフラッシュを装備してますが、連写モードではシャッターを押している間、ずーっと動きっぱなし。これなら運動会の徒競走のゴール付近でシャッターを切り続けても、あ!もう数コマ撮れればいいところなのに。ってことはないでしょう。欲を言えば、秒5枚ほど切れるといいんですが。

●暗くてもファインダーが見える
DMC-FZ1は電子ビューファインダーだったので、暗いとファインダーに何も写らなくなり、構図がどうなっているかも分かりません。D70は一眼レフなので暗くても暗いなりに見えます。

●素人でも撮れるAUTOモードがある
よかった!デジカメ上がりの人間には、AUTOやポートレート、接写などの簡単モードがないとよく分からんのだ。M,A,S,Pはなんとなく理解しているけど、まだまだ複雑なのだ。

●レンズが交換できる
当たり前ですが市販のニコン用レンズが使えます。私はSIGMAの18-50mmと55-200mmの2本セットのを購入しましたが、使ってみると70mmぐらいのところが頻繁にほしいのに気づき、D70レンズセット(18-70mmのレンズ付)のほうがデジカメ上がりには向いていたような気がします。だってレンズ交換ってめんどくさいんだもん。

●液晶で絵を確認するときハイライトが点滅する
液晶で絵を確認するとき明るく白に飛んでしまった部分が反転点滅して分かります。あー、この部分は真っ白になったんだ。というのが一目瞭然です。

●バッテリが長持ち
連写しまくりでもないかぎり、満タン充電で一日で使い切ることはありません。予備のバッテリを持ち歩く必要はまずなさそうです。

▲スピードライトが勝手にポップアップする
暗いとフラッシュが勝手に跳ね上がってしまうのですが、フラッシュを使った絵が嫌いなのでいちいち発光禁止にするのが面倒です。撮影モードを切り替えると発光禁止からAUTOになってしまうので、これ、ずっと発光禁止にすることはできないんでしょうか。

楽天で探す
楽天市場