総額表示ってほんとに便利?
4月から総額表示が始まりました。あらかじめ知ってましたか?私、3月ごろになってはじめて気がつきましたよ。誰がやるって決めてたのかなぁ。もっとちゃんと教えてほしいぞ。

ところで、消費税を含めた総額表示にどうしてなったかの理由。政府の資料によれば内税と外税が市場に混じって混乱しているから内税に一本化しようって理由だそうですが、そんな理由信じられますか? 誰が困っていたんだろう。

単価9円は税込みにしても9.45円で端数切捨てで9円のままですが、これを100個買っても900円のはずが、945円ってレジで請求されたら、こちのほうが紛らわしいです。

とにかく計算が面倒。消費税が始まってから、合計金額に1.05掛け算する癖がついているのに、端数つきの値段を足し算するほうがよほど面倒な気がしませんか?

一番ピンと来ないのがスーパーの98円や298円のこれまで慣れ親しんできた価格。98円が103円になったり102円になったり。表示価格を合計したものと、払う金額がレジで1円違っていたり。

そんなこんなを考えていたら、海外旅行したときお釣をキャンディでくれる国があったことを思い出しました。調べてみるとバリ島です。バリの通過はルピーで100ルピーが10円ぐらいなので、1ルピーなんて単位の貨幣が流通していない。だからスーパーで買い物したとき、端数に数ルピーのお釣がでたときは、おつりの小額コインと一緒に、いくつかのキャンディをくれます。最初はサービスかと思っていたらおつりと分かったときにはびっくりしましたよ。 この風習が日本で流行ったりして。