みぃちゃんにハゲが出来ちゃった
今年は花粉の飛散量が少ないそうで、私の花粉症もまだ症状が出ません。このまま出ないで終わってくれると助かります。

さて、「最近遊びにくる猫」で紹介した猫。この前、みぃちゃんと散歩していたら、茂みの中に隠れていて、みぃちゃんが気づいて近寄っていき、「ギャー、ミャー」と一戦交えました。あっという間の出来事で、0.5秒ぐらいの喧嘩だったでしょうか。私はびっくりして、みぃちゃんの顔や頭をこねくり回して怪我していないか確認。そのときは何もなかったので一安心。

ところが、三日ほどしてブラシをかけていると、耳の後ろに幅1ミリ、長さ5ミリほどのカサブタのように盛り上がった傷を発見!すでにカサブタ状だし放っておけばカサブタも取れてすっかり治るだろうとそのときはあまり気にしませんでした。ところがそれから数日後、大変なことが起こったのです。

妻が騒いでいるのでみぃちゃんに駆け寄ると、耳の後ろが大きく裂けたように割れていてひどい傷になっていました。治りかけていた傷がどうしてこんなことに。傷口がカユイようでみぃちゃんは後ろ足で掻こうとします。傷はドンドンひどくなり肉から血が滲み出して痛そうで。もう夜10時を回っていました。とにかく足で掻くとひどくなるので書類を挟む塩ビを切り抜いて即席エリザベスカラーを作って首の周りに巻きました。インターネットで検索すると、表面の傷はそれほどでなくとも、皮膚の下では化膿して、だんだんひどくなって、あるとき破裂するように傷口が広がって膿が出てくることがあるそうです。まったくそのとおり!申し訳ない!そんな大変なことになっているとは気づかなかったよ。その日は時々目が覚めてベッドの隅で寝ているみぃちゃんの傷の様子を見ながら朝を向かえ、朝一番にみぃちゃん先生に診せに行きました。

発見した次の日の傷即席エリザベスカラー

まずは傷口を洗うことからはじめます。生理食塩水と抗生物質を混ぜて注射器から傷にかけて洗います。傷は奥深く、爪がぐっさり入って化膿したようです。注射器の太い針が傷口にすっぽり入って行きました。すでに死んでしまった組織をピンセットで取り除きます。またキトサンを生理食塩水に溶かした液を傷口にかけます。キトサンは傷が治るのを助け、肉が盛り上がって傷口が埋まるのを助けてくれるそうです。キトサンはカニの甲羅などに含まれる成分ですが意外な効果があるんですねぇ。綿のような細かい糸状の物質でした。あと抗生物質も注射します。抗生物質の飲み薬ももらってきました。

二日後にまた診てもらいに、まだ膿が残っているのでカサブタをはがしてまた洗浄。念のために血液検査もしてもらいましたが、特に異常な値は見られず、あとは猫エイズとかに感染しなかったかが気になるところ。これはもう少し後になってから検査しようということになりました。抗生物質の薬が全部なくなった7週間後にもまた診せにいきました。やっと大丈夫と思えるほどに治りました。いまは遠目にはわからないけど近づいて頭を見ると少しハゲているぐらいです。先生いわく、毛が長いのでそのうちわからなくなるぐらいまで毛が生えるのではないかと。いまは「ハゲみぃちゃん」と呼ばれています。本人は全然気にしていないようですが。

みなさんも喧嘩したと思ったらまずは病院にいって見てもらい抗生物質を飲むようにすると、こんなにひどくはならないそうです。