プジョー307CCに試乗してきました
この前、CLK320カブリオレを2回目の車検に通しました。5年で9万7千キロ。もう少しで10万キロです。でも調子は絶好調でどこも悪いところはありません。確かにダンパーも交換したし、オイルやブレーキ類は警告灯がつくたびにちゃんと交換しているし。唯一心配なのはバッテリーでしょうか。でもこの冬はマイナス8度でもエンジン始動しましたからもう少しいけそうです。

ユーノス・ロードスター、BMW325iカブリオレと歴代オープンカーばかり乗り継いできたので、各社から発表される屋根の空く車には大変興味があります。この前プジョーの307CCが発売されてディーラーに入ってきているので試乗してきました。4人乗りで屋根がハードトップのオープンカーです。

■関心した点

ハードトップをトランクにしまうタイプは、屋根を空けたときのトランク容量が小さくなりがちですが、意外と空いています。屋根を閉じたときのトランクは結構な大きさで、深さはあまりないですが奥のほうに広いので結構使いやすそうです。SLKは屋根をあけると、ほんとにバックを忍び込ませるぐらいの隙間しかありませんでしたが、307CCは薄型の段オールなら入りそうです。

後ろの席は大人男子が乗るにはきついですが、この車体の大きさではがんばったほうです。身長165cmの女性なら大丈夫でしょう。シートのお尻を窪ませて足のスペースを確保しているので、私のように太っているとちょっとおなかが窮屈です。

運転席シートはサイドサポートが張り出していますが、全体に大きめなので、わき腹を抑え込まれるような窮屈感はなくゆったりしています。

内装は赤と黒のツートンで派手で好みでした。やっぱりオープンカーは派手なほうが似合います。試乗したのはPremiumというクラスでダッシュボードなども皮仕様でした。

■残念だった点

右ハンドル仕様でアクセル右側にタイヤハウスが張り出しているので、アクセル全開に踏み込もうとすると足が出っ張りに引っかかります。足を開いた感じでアクセルに足を乗せると特にそうなるので、いざというときにびっくりするかもしれません。

アクセルべた踏みで3千〜4千回転ぐらいで1回お休みするような感覚があります。ん?とタコメータを見ると、そこからまたモリモリと回転があがっていきます。

シートヒーターがオプションでもありません。2座に比べて4座なので運転席と助手席の間から風が吹き込んでくるので冬はちょっと寒いです。暖房はわりと効くほうでした。フロンとガラスが大きく覆いかぶさってくるので風の巻き込みは少ないほうです。

■その他

タイヤは205/55R16でそれほどゴツゴツしないはずですが、サスペンションが硬くて乗り心地は硬いほうです。もうすこししなやかな足の伸びがよさそうな感じのほうが私好みでした。

試乗車の値段は380万円、もう少し安くなってもよいと思います。300万円前半って感じでしょうか。