遭遇!逆走自動車
春一番が吹いて、だんだん春めいてきました。仕事はまだまだ忙しいですが、春らしくなると気分も違うものです。でも毎日遅くに帰宅する生活はあと1ヶ月は続きそうです。

先日、2月の上旬、夜の10時半ごろ、会社からの帰りに第3京浜道路を走っていました。年度末のせいか、よく夜遅くには工事が行われています。第3京浜は片側3車線の有料道路で、高速道路ではありませんが、普通100Km/hぐらいでみんな走っています。私と妻は仕事の話をしながら真ん中の車線を走っていました。いつもなら右側を走っているところですが、会話していると気が散るのでスピードを落として真ん中を走っていたわけです。

前方に眩しい光が見えました。中央分離帯があるので対向車にしては眩しい。夜の工事現場にあるライトだと思い込みました。が、急速に近づいてくるので、なんだろうなぁ、と思った瞬間。右側を1台の車が通過していきました。ものすごいスピードで。

「ねえねえ、今のこっち向きに走ってなかった?」
「だよねぇ?」

それは中央車線を逆走する車でした。おっかねー。あの車は止まっていなかったぞ。たぶん100km/hちかいスピードを出していたに違いない。相対速度は相当あったもんな。かくして生まれて初めて逆走車に遭遇したのでした。もし、いつものように右車線を走っていたら正面衝突か避けてどこかにぶつかっていたと思われます。

それから次の港北インターを超えたところで渋滞にはまりました。なんと、ワンボックスカーとセダンが2台、中央分離帯に向かって激突。すこし向こうに軽自動車が左の路肩斜面に激突。たぶん、あの逆走車を避けたのか、それとも、事故を起こした車が逆走して逃げていたのか。家に帰ってニュースを見ましたが、なにも放送されていませんでした。逆走車は白っぽいセダンのクレスタやマークUのような車でした。