PSXをネットでバージョンアップ
昨年末に購入したPSXのシステムソフトのバージョンアップが開始されました。さすが、ネットワークにつながるゲーム機&HDDレコーダ。システムソフトもブロードバンドに繋げてアップグレードしていけるのは得した気分です。今回のバージョンアップで役立つのは早送り30倍・CMスキップ機能も追加されたことです。今までのはや送りは2・10・120倍で10倍と120倍の間が空きすぎて使いづらかったです。30倍はその間を埋める丁度よい速さです。もう1つのCMスキップは確かにありがたいのですが、個別のボタンに機能が割り当てられておらず、2回ボタンを押さないと使えません。L2とかR2とかリモコンの空いているボタンに割り付けたいなぁ。

さて、普段のPSXはネットワークに繋いでないので、テレビ下から引き出して、LANケーブルを接続して、ネットワークを設定して、いざ、アップデートを!ソフトのダウンロードにかかった時間はおよそ5分、それからアップデートを始めて10分。合計10分ぐらいで完了しました。ソフトの書き換えが始まる前に「何回か再起動するので電源を切らずに」という注意書きがあったので、とにかくじっと待ちました。でも1回電源が切れたので、いつになったらまた電源が入るのかなぁと待っていてもなにも起こる気配がないので、恐る恐る電源ボタンを押してみると、またソフトの書き換えが始まりました。この途中1回電源ボタンに手をかけたのは正しい操作だったのか、それとも異常な操作だったのかは気になります。全国のどこかにはずーっと1時間ぐらい待ちぼうけになった人がいそうな。。。

楽天で探す
楽天市場