8ミリビデオをDVDへコンバート
あけましておめでとうございます。新年早々、手間のかかることをやってます。というのは、義姉から電話がかかってきて

「ねえねえ、昔撮った結婚式とかのVHSってDVDにできるの?」
「そりゃできるさ、VHSビデオをDVDレコーダにつなげて録画すれば」
「じゃあさ、VHSビデオ壊れてダビングできないのでVHSビデオ貸して」

で、ここで不安が。そういえば我が家も昔は8ミリビデオで旅行や結婚式を取って保管してあるが、肝心の再生するデッキがなくなりつつある。リビングのテレビにつながったビデオは去年からHDDレコーダに置き換わってしまった。簡単にVHSは再生できない。8ミリテープも再生できるデッキがあるが、ケーブルを外してほったらかしにしてある。このまま忘れ去られて、ある日気がついたらテープを再生できる環境がなくなっていたということになりかねない。思い出せば、レコードに代わりCDが普及し始めたころ、あっと言う間にレコードプレーヤがなくなってしまった。去年は出荷台数でDVD+HDDレコーダがVHSビデオデッキを抜いたというニュースを見たような。

急いで8ミリビデオデッキをHDDレコーダに繋いでダビング開始。アナログって等倍速でしかダビングできないから時間が掛か〜る、掛か〜る。もう10数年前に撮った旅行ビデオとか、ずいぶんと色も悪いし、フレーム同期がずれるところもあるし。テープはこのまま保存するとどれくらい持つものだろう。若かった自分を思い出しながら丸2日かけてダビング終了です。あとはタイトルをチャプター区切りを入れてDVD-Rに焼くだけ。もう、ダビングするだけで疲れたので、DVD焼きは休みが明けてからゆっくりやろうと決めました。

ダビングするとき、ずっと張り付いていると大変なので、こんな方法を使いました。

  1. テープのウォーミングアップを兼ねて全部早送り
  2. カウンターをリセット
  3. 全部巻き戻し
  4. カウンターの時間から録画時間を割り出し
  5. HDDレコーダの予約にすぐ始まる時間+録画時間+少しをセット
  6. 録画が始まったらビデオデッキの再生をスタート

去年はDVD+HDDレコーダ元年だったと思っていいでしょう。特にPanasonicがずいぶん宣伝に力を入れていました。今年はアテネオリンピックもあるし、もっと売れるんでしょうねぇ。そしたらVHSデッキはますます売れなくなってあと数年で姿を消す運命なのでしょうか。