箱根駅伝で年初め
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。ここ3年ほど、お正月には近所の国道1号線まで歩いて箱根駅伝を見にいってます。今年も見てきました。大体、往路は朝起きてテレビをつけると「お、駅伝走ってる。もう権太坂だ」ってな具合で間にあったことがなく、見に行くのはいつも返りの復路です。それでも朝の10時には起きて、ご飯を食べて、家を11時前には出発しないと、あっというまに選手がやってきてしまいます。それにしても、都会は人が多い。どこからこんなに集まってくるんだろう。沿道にはたくさん人が旗を持って集まってくる。旗は読売新聞の販売店らしき人が配っていて、道端に捨てずに持って帰ってもらうために、プレゼント応募のコーナーくじがついているんだけど、あれに応募して当たった人はいるんでしょうか。

9区で一位の駒沢大この空いた道を車で走ってみたい

走ってくる選手を走ってくる歩道側で見るか、反対の歩道側で見るか。いつもは選手が走る側で見ていますが、今年は反対側で見物。そうすると、意外にも選手が小さく見えてしまう。「ダッ・ダッ・ダッ」の足音とともにあっという間に通り過ぎてしまい、「すげー速さだな!」と関心していたが、対岸だとそれほどの速さには感じないのであった。このほうが選手を長い間観察できていいかもしれない。

先頭の選手がやってくるのは上空のヘリコプターが近づいてくるのでよくわかる。あのヘリも何時間も連続して飛んでいられないだろうし、途中で交代するんだろうなぁ。最後の選手が通り過ぎるまで信号は警官の手動操作で青。箱根からずっと青信号で東京まで走れるのは爽快だろうなぁ。最後尾の車が通り過ぎると、みんなが散っていって10分もすると何事もなかったように普通の道路に戻るのであった。今年は暖かくて本当に駅伝見物日和でした。