格好良くなったUPS、APC CS 500
うちの電気は120A契約でメインブレーカーがありません。どこの部屋も小さい20Aブレーカーで区切られていて、たとえ電気を使いすぎても、使いすぎた部屋だけ落ちて、コンピュータ部屋まで落ちてしまうのを防いでいます。60A契約だったころはエアコン+電子レンジ+炊飯器+何かで必ずメインブレーカーが落ちて、UPSは大活躍していました。これならコンピュータ部屋も自己責任で落ちることないし、停電でもとりあえず10分ぐらいは持ちこたえてくれるので、その間にブレーカーを回復すれば問題なし。だから結構安心してました。

ところが、この前のリフォームのとき新たな弱点が露呈しました。夕方4時、工事で使っていたハンドミキサーの漏電が原因で漏電ブレーカーが落ち、家中の電気は全部ストップ。Webサーバは20分UPSで動き続けましたが息絶えました。ADSLとルータにはUPSが付いていなかったので即座にダウン。夜8時頃家に帰ったら家中真っ暗。このとき漏電のショックでスタンバイ状態だったテレビ録画PCが壊れてしまいました。壊れた部品はHDD、ビデオカード、ATX電源。総額5万円ぐらい。ショックー!、漏電はちょっと考えてなかったよなぁ。これを契機にテレビ録画PCとADSL関係にもUPSを取り付けたのでした。

大事なコンピュータには落雷を心配して電源や電話線にはサージ機能を持ったUPSなどを入れていますが、急遽つないだADSL関係のUPSは昔のオムロン製でサージ機能がありません。新しくUPSを買い増ししようとAPCのホームページを見ていたら500VAクラスでAPC CS 500という新製品が出ていたので今回買ってみたんです。

APCのこの手の製品は電源としてのUPS機能はもちろん、回線をサージから守る機能があり、私の持っているBK500JSには電話、ISDN、10/100BASE-Tを1系統つなぐことができます。今回のCS500はADSLも加わりました。ま、ADSLは「ADSL回線を雷から守る(02/02/01)」で紹介したメルコのがあるのでそんなに期待していないんですけど。

シールを剥がそうとすると蓋をあけないとシールを剥がそうとするとバッテリが出てきた

届いた箱を開けるとまず注意書きで安全のためにバッテリの端子がはずしてあるので接続しろという。そうでなくとも本体に張られた黄色いテープをはがそうとすると底の蓋を開ける羽目になり、剥がそうとするとバッテリが出てくるうまい仕組みになっている。赤いケーブルを刺してバッテリを戻すと勝手にコネクタが奥まで繋がった。この辺の配慮はすごいよねぇ、APCって。

前面、スイッチがソフトスイッチになった背面、バックアップとサージだけが分かれて6個口になった

あたらしいCS500はBK500と比べて四角くなり、ランプも増えてソフトスイッチになりました。背面はバックアップ3個、サージだけ3個の合計6個のコンセントが刺せます。BK500はバックアップが2個とサージだけ1個でした。

BK500と比べても小さくなったUSB接続ケーブルが付いてきた

BK500と並べると2/3ぐらいに小さくなったのがわかります。でも重さの違いはわかりません。バッテリ容量が同じだからだいたい同じでしょう。それより今回USBケーブルが付いてきました。片方がUSBの平たいコネクタ、片方がLANの口に似ているけどちょっと出っ張りがあってHUBには刺せない専用のケーブルです。いままではRS232Cだったので面倒だから繋いでなにか管理しようなんて思いもよりませんでしたが、今回は楽しそうです。

電源管理のアラームページ電源管理の電源メータページ

PowerChuteなる専用ソフトも付いているんですが、とりあえずUSBをつなげてみたら、なんとノートPCのようにバッテリ駆動しているパソコンになってしまいました。これがコントロールパネルの電源管理を開けたところです。確かにノートPCも究極のUPS付きパソコンですもんね。いつもバッテリしょってるし。

で、PowerChuteをインストールしてみると、こんなにいろんな情報がわかるようになってすごい!停電、低電圧、過電圧、電気ノイズが何回あったとか、この前バッテリ運転したのはいつだとか、バッテリ残量、バックアップできる予測時間、現在供給している電力ワット数まで、いろんなことがわかるんです。これはいいわ!サーバの電力消費が多いのではないかと気になっていたんですが、最小123W、最大150WぐらいでうちのWebサーバは動いています。メータが正しいのか40W電球(省電力型なので実際には38W)をつけてみると、その差は36Wだったので大体あっているみたいです。

で、よかった!よかった!となるはずでしたが。。。1日経ってサーバのパフォーマンスメータを見てみるとハンドル数が右肩上がりで増えていく。昨日の晩にチューチューマウスのバージョンアップの案内メール出したことだしアクセス数がいつもより多いのはわかっているのだけど、2万8千個を超えている。IISがリソースを解放しないのはわかっているけど、この数字は増えすぎ。タスクマネージャでプロセスを眺めるとmainserv.exeなる見慣れないプロセスが走っている。ファイルを検索してプロパティを見ると、なんとPowerChuteのサービスではないか。サービスを止めてみたらハンドルもがくっと減った。えぇ〜、こんなに格好良く出来てるのにハンドルリークしてるのぉ。24時間運転サーバには致命的じゃん。もちろんサービスを止めた状態ではソフトなしの場合と得られる情報にほとんど差がなく、UPS負荷ぐらいがおまけで分かる程度。

さっそくAPCのホームページへ飛んだら新しい版数Ver1.3が出ていたので、ラッキー!とダウンロードして入れ替えてみる。が、やはりハンドル増加は直らず、あきらめてアンインストールしたのでした。今はノートPCのようにバッテリ容量が指定%以下になったら休止状態になるようにして運用しています。なおしてくれないかなぁ>APCさん