ヒュンダイを見てきました
サッカーワールドカップでもスポンサーだったヒュンダイのショールームにこの前行ってきました。場所はうちから一番近くにあるヒュンダイ横浜中央です。テレビ神奈川の「新車情報」という番組でも紹介されて、とうとう日本にも入ってきたんだぁ。と思って注目してたんですが、どこにあるかいまいち知らなくて、ヒュンダイのHPから辿って探しました。

隣がダイハツで見落としてしまいましたが、ナビで無事到着。1階にはXGとTB、2階にはCOUPEとELANTRA EUROが展示してありました。あのワールドカップを見ていても、最近の韓国はすごいなぁ、まるで高度成長期の日本のように活気があって。不景気でちっともよくなる気配がない日本とは全然違うと思ってましたけど、自動車もとうとうここまで作れるようになったかぁーと関心します。

一言でいうと内容の割りに安い!XGという車種は一番大きなセダンですが、3リッターで本皮シートで250万円。内装の出来はちょっと安っぽいところがありますが、日本で作ったらどうがんばっても320万円ぐらいはいくでしょう。カーナビやその他の電気装備で350万円ぐらいするんでないでしょうか。確かによく見るとコストダウンのためにトランクの開閉がダンパーでないとかありますが、250万円はすごいです。
TBというコンパクトカーも後席とかしっかり作ってあって1.3リッターなのに90万円ぐらいから買えます。すげー、韓国はそんなに人件費が安いのだろうか。
一番よかったのはELANTRA EUROというので展示してあったのは本皮なのに160万円ぐらいしかしてません。デザインがサーブに少し似てます。聞くところによると韓国は革製品が非常に安いそうで、本皮シートでもそれほどコスト高にならないそうな。
全体的に内装のデザインが少し古くさい感じがしますが、少し前のヨーロッパ的とも感じます。今の日本車の内装が奇抜になりすぎたのかもしれませんが。

店長さんらしき人としばらく話し込みましたが、私が察するところ、ヒュンダイの知名度がほとんどないことと、日本人は「韓国製品なんてまだまだ」と思っている人が多いのが悩みの種のようでした。でもね、あんなに安いと逆に疑われそうなほどなんだけど。
ぼやっとしてたらホントに日本は韓国に抜かれちゃうよ。

サムスンに努めている友人に聞いた話では、人件費は日本の1/3、食費は1/10、でも衣料がなぜか高くて日本と変わらない。といってました。今度韓国いってみたいな。
興味があったら一度ヒュンダイのショールームへ見に行くことおすすめします。ちょっとびっくりしますよ。