手ぶれに強く、闇に弱いデジカメ、DMC-FZ1
これまで2台のデジカメを使ってきました。1台目はオリンパスのCAMEDIAの名前は忘れたけど30万画素ぐらいので、これは2台目を買った契機に妹に譲ったら落として壊してしまいました。2台目は富士フイルムのDS-300で130万画素で当時130万画素なんてハイスペックで20数万円で購入。いまでは入門機レベルの解像度ながらPCMCIAでたっぷり撮れて重くてバッテリもよく持つ。しかし、感度が悪いので薄暗くなると途端にフラッシュなしでは撮影が難しく、至近距離ではファインダーと実写のフレーミングずれが大きくてちょっとこつが必要なマニアックタイプ。値段が高かっただけに勿体なくてこれまでずっと使ってきましたが、そろそろ最近の画質が写るデジカメに乗り換えようかと検討していたところ、目に止まったのがパナソニックのDMC-FZ1。なんと手ぶれ防止機能を搭載して光学12倍ズーム。DS-300は3倍だったもんなぁ。

で、良いところは確かに12倍でもほとんど手ぶれしません。ファインダーが電子式でビデオのような感覚。だから2眼式でなく一眼レフに似ています。私は背面の液晶を覗きながら撮るのが苦手でやっぱりカメラはファインダーを覗かないと狙った通りに撮れないんですよね。形も一眼レフに似ているので構えやすいですが少し小さい。操作系はまあまあわかりやすいほう。色や絵の感じは最近のデジカメはだいたいこんなもんなんでしょう。ピント合わせのスピードは少し遅いような感じが。とにかくデジタルビデオカメラをスチルカメラにしたようなデジカメです。昔ありましたよね、光学式の手ぶれ防止機能がついたブレンビーというビデオカメラ。あのデジカメ版です。

でね、苦手なものが1つあります。それは電子式ビューファインダーなので暗いところでは被写体を確認できないこと。だって暗くて写らないのでファインダーに入っているのかどうか全然わからない。ほとんど勘です。でもフラッシュが光れば確かにちゃんと写る。二眼式だとどんなに暗くてもだいたいフレームに入っているかどうかは分かります。暗いときは蓄光時間を長くして反応が鈍くても写るようにしてほしかったな。

手ぶれ防止機能がどれくらい効いているか試した画像を載せます。夜の室内で12倍ズーム、フラッシュOFF、F2.8、1/8秒、ISO400で立ちポーズで4m先のテレビの上に載っているBOSEのコンソールを撮りました。1/8秒なので普通なら三脚無いと絶対手ぶれします。上が手ぶれ防止機能OFFで下がONです。確かに手ぶれ防止機能は効いています。明るいところではシャッタースピードが上がりますからさらに効果は上がるはずです。

楽天で探す
楽天市場