ボーズ 3・2・1を試す
これまで自宅でDVDを見るときは、テレビ録画PCに内蔵したDVDドライブで再生してみてたのですが、色がいまいち暗めなのと、2チャンネルでしかもテレビのちゃちいスピーカでは迫力に欠けるので、ここらでシアターシステムを試してみるときか。と思い立って購入を検討し始めたのは1ヶ月前のこと。じつはDVDプレーヤがまだ20万円もしたころに、10万円ぐらいのシアターシステムを買ったのですが、まだDVDプレーヤが高くて買う時期でもなく、アンプへの5.1ch入力は6本のピンプラグで接続するタイプ。そしてDVDプレーヤが安くなるころには、みんなデジタル出力、低価格機種は2chアナログ出力になってしまい、いまではピンプラグで5.1ch出力を備えるDVDは高級機になって逆転してしまいました。あちゃー。だからヤマハのシアターシステムではいまだにプレーステーション2の2chでしか再生したことがありません。寂しいー。

車についていたステレオがBOSEで、よくよく聞いてみればとても良い音だということに気づいたので、自宅でもBOSEを買ってみたらどうだろう。でも高いんだよなぁ。探してみるとリアスピーカを置かなくても5.1chを楽しめるという3・2・1という製品が存在することを知る。でもヨドバシで買っても10%引きで13万8千円もする。どうしようかなぁ、本当に後ろから音が聞こえるのかなぁ。試しに買ってみる値段でもないしなぁ。あるときヨドバシカメラのリアル店にいったら実物が置いてあったので他のシアターシステムと聞き比べてみた。

最近の数万円で売っているシアターシステムのスピーカって、ほんと、ちゃっちぃのにはびっくりした。だからこんなに安くできるんだ。ま、それは置いといて、展示してある製品は5.1chが理想的に配置してあるわけでもないから、空間の広がり具合は無視して、音だけを聞き比べるとどうしてもBOSEが一番いい音がしている気がする。でもデモDVDが掛かっているのを聞き入っても後ろから音がするような気はしなかった。しかし音がいいのは間違いなさそうだから購入決定。在庫がないからヨドバシのEC店で買って宅配で届くのを待つこと数日。

テレビの上に設置アクリル板で作った台

ウーハーのベースモジュール、電源を兼ねるこの間にテレビの両端にスピーカがくるような台をアクリル板で作成。事前にBOSEのホームページからダウンロードした取扱説明書にはスピーカ間を60cm以上離してくれという。家のテレビは36型だがその上に置いても60cmは稼げないのだ。

で、確かに配線は簡単。DVDプレーヤ、アンプ、AM/FMチューナが一体になったメディアセンタから左右のイメージアレイスピーカに線を2本、メディアセンターからウーハー&電源になっているベースモジュールに線を1本、ベースモジュールからコンセントに1本配線して終わりだ。あいにく手元にはCDしかなかったので、スパイダーマンとモンスターズインクのDVDを買って何回か聞いてみた。結果は。。。

音はまあまあいいと思うが決して後ろから音がしている気はしない!うーん、やっぱり後ろにスピーカ置かないと騙されないか。最高でも左右180度まで、要するに右左手ぐらいまでしか錯覚はないと思う。あと、長い間聞いていると頭の中で音がクルクル回っている気がして聞き疲れがする。やっぱりヤマハのシアターシステムぐらいにしておけば良かったろうか。でもリアスピーカを置くようなリビングの形でないので、答えはこれしかなかったのだからあきらめよう。

でも、CDなど2chを聞く分には結構いい音してます。ちょっとウーハーと普通のスピーカの間の200Hz近辺が音量がすくないような気もしますけど。