HUBが壊れました
今日はメールがあまり届かないなぁ。静かだなぁ。ん?asahi.comが開けない?あれれ?とWebサーバを確認しにいくとLANがつながっていないとトレイのマークにバッテンが表示されている。え?LANケーブルがはずれた、切れた?確認しても何も変化なし。いろんなパソコンのLANが使えなくなりどうしたことかと数分悩み、ふとHUBをみるとLEDが全く点灯していない。電源ケーブルも抜き差ししたが回復の兆しなし。あー、とうとう逝ってしまったのね。あれは確か97年10月、17万円もかけて100BASE-Tへ家庭内LANを移行したときに9万3千円で買ったレピータHUB。小さいFANもついて結構うるさく熱も出るのでちょっと心配だったけど、これまでがんばってもらいました。2000年にリフォームしたとき、LAN製品も安くなったのでコレガの9800円ぐらいの10/100BASEスッチングHUBに取り替えたが、どーも10BASEが混在すると1ヶ月に数回接続できなくなる現象があり、やっぱり不安だったので元に戻していたのだった。

逝ってしまったHUB今回かったHUB、小さい

レピータHUBが逝ってしまったので、コレガのHUBに登場していただきその場はしのいだのだが、過去の接続できなくなる事件もあるし、熱も相当出ているので、もっと熱の出ない最近のものに交換ようと、今回選んだのがメルコのLSW10/100-8PWという10/100BASEスイッチングHUB8ポート。ヨドバシカメラのインターネット店でなんと3980円、97年の10万円に比べれば25分の1になっている。発熱も少なそうだし相当小さい。これまでの経験上、熱が出る製品は総じて寿命が短いような気がするので、常時運転の電気製品ではこれは大切。ちなみに、コレガのHUBは筐体表面温度が44.2度でメルコのは34.1度であった。メルコのHUBはプラスチックなので部分的にもう少し熱い部分があるが、たぶん36度ぐらいであろう。ACアダプタからの電源供給だがACアダプタが邪魔にならないくらい小さいのもうれしい。筐体裏には磁石が付いているのでUPSの筐体にくっついて安定設置できるのもいい。あとはスピードや安定性がどうか問題だが、それについてはまた結果がでたら報告します。

コレガのHUB、温度計測中メルコのHUB、温度測定中