防災の日
9月1日は防災の日。どこの自治体でも防災訓練してます。うちの町内会でも訓練があって、私もかり出されました。どうせなら写真を撮影しておこうと、カメラ片手に出かけました。

受け付けの実体は

近くの小学校に集まり、入り口で名前と住所を書きました。参加者を特定するなんて厳しいなぁと思ったら、避難してきた人数や安否を確認するための訓練の一環。なんだ、我々はここに避難してきたことになっているんだ、とそのとき初めて判明。

会場には町内会長さんや消防の方々が集まり、挨拶を20分ほどやって、やっと実戦開始。別に防災に役立つ話でもなかったので、すぐに作業を始めた方がよかった気がする。でもお決まりなんですよね。さて、炊き出し、救護、発電機など機材の取り扱いの3班に分かれて実践です。

炊き出しがぁぁ

一度に100人分炊ける炊飯器が用意され、12Kgのお米がセットされているのだが、バーナーが点火しないので業者の人ががんばっている。それでも点火せず、結局最後までご飯が炊けることはなかった。これっていいのかなぁ。いざというときの機械なのにこんな調子で。バーナーの燃料は石油で、ファンヒーターの原理と同じみたい。加えて電源も必要でそれは携帯型の発電機を持ってきている。もっと原始的な原理の機械でご飯なんて十分炊けると思うのだが。

投光器

ホンダの4サイクルガソリンエンジンの発電機で300Wの投光器をつける練習。夏の暑い時期だしエンジンも予め係の人が始動したあとなので、チョークも引かず、誰でもロープを引っ張ればかけられる状態になっていた。ガソリンは缶詰の状態で備蓄庫にあるのだが、量が少ないのが気がかり。エンジンオイルも一応あるけど。それよりエンジンカッターとかなくていいのかな。阪神淡路大震災のとき、建物の下敷きになった人を助け出すのに役立ったという話だけど。

救護

これが一番役立つ実習だったかも知れない。毛布1枚だけで担架を作ったり、物干し竿と毛布でもっと担架らしく仕上げたり、手をけがした人を三角巾で手当する練習。感心したのは毛布を物干し竿をはさんで2回折りたたむだけで十分な担架に早変わりする方法だった。シーツなど摩擦の少ないものはだめだが、毛布なら体重80Kgぐらいの人を乗せて実演した経験があるという。物干し竿が折れないのも重要な要件だが。

乾パンと水

最後はお決まりの有効期限が迫った乾パンと水を参加者に配って終了。これらの食品には横浜市のマークが入っているから特別注文で納品されたものらしい。乾パンの納入業者は倒産してしまった横浜そごう、水はコカコーラが作っていた。でもさ、全国の自治体で要求品質がバラバラというのも少ないだろうし、横浜市マークを入れてまで専用品を作る必要はないと思うのだけれど、どうかなぁ。こんな備蓄庫は全国にたくさんあるわけだから自治体が共同で大量に仕入れたらもっと安くできるんでないのかな。そういうところで税金を節約してほしいんだよね。ほんと。で11時で終わってみんな解散したのでした。