Webサーバの悲劇
いやー、ゴールデンウィーク明け早々、大変でした。5月6日はGW最後の日、今日は1日なにも予定が無いので、WebサーバのOSをWindows2000 にバージョンアップしようと思い立ち、昼過ぎから作業に取り掛かりました。

Webサーバは1代目は98年に立ち上がり、今のは1999年末からの2台目でCeleron400MHz×2個で2年あまりずっと動いてもらっていました。実はスタート時は2CPUだったのに、去年の猛暑を過ぎたあたりに、ふと気づいてみると、タスクマネージャンの「パフォーマンス」に2個グラフがあったのが1個になっていた。ケースを開けてみたら、CPU周りの電解コンデンサが熱で逝かれてしまい、1CPUしか認識しなくなっていたわけです。それからはリブートすると立ち上がらないことがあって、そっとしておいて、そのうち別マシンでサーバを構築してから交代させようと思っていたわけですが。

何を血迷ったか、OSのバージョンアップを。なぜかというと.NET FrameworkでASP.NETを動作させるには、どうしてもWindows2000のIIS5が必要だということに気づいて、はやくWindows2000にしたいなぁと。その思いが「あのサーバをいじってはいけない」という約束を押しのけてしまったのでした。

でも、Norton GhostでHDD丸ごとバックアップ取っておけば、まずい状況になってもすぐに復旧できるという安心感があり、まずはネットワーク越しにHDDのバックアップを、それから、NT4.0からWindows2000へのアップグレードインストールを試みたのでした。

が、Windows2000のインストール途中でどうしても先に進まない事態が発生!何回頑張ってもPCIカードを抜いてもダメなのでした。あー、もうこれ以上頑張っても夜になっちゃうので、HDDをリストアしてあきらめよう。。。ところがリストアしようと思ったらバックアップイメージが壊れているとGhostはいう。がーん!そんなこと今頃言ってくれたって困るんだよね。バックアップとった後、ちゃんとバックアップが取れているかイメージのテストをしなかったのも悪いのだが、そんなこと先に言ってほしいよ。もうNT4.0はWindows2000に生まれ変わろうとしているし、どうにか元にアップグレードを中止して元に戻らないか奮闘すること6時間。結局あきらめたのは夜中の2時。じゃ、ここから気持ち一新でWindows2000を新規インストールして、DNSからWebからメールから何から全部やり直すってこと?これじゃ明日は会社にいけないよねー。と腹をくくって新規インストールを始めたのでした。

一番恐ろしかったのは待ってまチュで預かっている6万個あまりの画像やユーザ登録がシャットダウン寸前までに復元できるかということ。全部SQLのデータベースに入っているし、最後のバックアップは前日の夜中。そんな難関も突破しながら、大体復旧したのが7日の夕方。とんだ27時間の奮闘。これまで地道に構築してきたセキュリティパッチとかも全部見直し、IISのWebアプリケーションもこれまでどおりに動くようにするのって結構大変です。もー、こんな失敗したくないな。実はちょうど1年前にもWindows2000にアップグレードしようとして2CPUだったがためにMailサーバが動かなくて構築しなおす羽目になったのを思い出しました。人間って学習しないな。

ほっと一安心した、今週の金曜日。プロセスを見ていたらなにやらメール送信のプロセスがたくさん走っているのを発見。あ!っと思ったらスパムメールの踏み台にされていたのでした。しまった!リレーメール制限の設定するのを忘れていた。ほんと、やつらは未対策サーバ探すの速いな。

教訓、「動いているサーバはいじるな」

これに尽きます。