バッテリー復活
もうゴールデンウィークです。今年も既に4ヶ月が経過してしまいました。

この前からめっきり調子が悪くなってしまったノートのバッテリーですが、今日新品に交換されて復活しました。このSOTECのノートは去年の6月に購入したものですが、今年に入ってからバッテリーの持ちが非常に悪くなり、フル充電からバッテリー残量が0%になるまで15分ほどしか持たなくなてしまいましたが、無視して使い続けても45分ぐらい使えることから、バッテリーの充電放電の収支が合わなくた状態でした。それでも無視して使い続けると、今度は99%から値が変化しなくなり、いきなり電池切れでバッサリ落ちてしまう状態に。これでは充電されているのか空っぽなのかまったくわからず、ACコネクタを抜くのに気合が必要です。

ここまでくればサポートに相談してもいいだろうと、SOTECのサポートに電話してみました。こういう現象になるのは初めてではないらしく、バッテリ交換してこれることに。でも本体を送り返すのがイヤなのバッテリだけ送ってもらって交換してくれることになりました。

届いたバッテリを差し込んで充電開始。そうそう、最近は100%充電ずみと勘違いしてたんで充電中のランプも点滅しなくなってたんだよね。無事充電され、こうしてバッテリ駆動で記事を書いている最中も、徐々にメータが減って行き、元通りの性能に回復しました。ということで、これまでの障害はバッテリが問題だったのがはっきりしました。