BMW 7シリーズを発見
すいません、また車の話です。

日曜日、先のイエローハットから別の場所を向かう途中のこと。車通りの少ない片側2車線の道を走っていると、なにやら見慣れない車が左端に止まっている。

「ん?なんだあれは?」 そう思って後姿を見てると、特徴あるウルトラマンの頭のような楔形のアンテナがリアウィンドウの頭上に。 「あ、あれは新しい7シリーズだ、もう買って配車されたんだ。で、今日は天気もいいから今からお出かけかな?いいなぁー」 と追い越してふと後ろを見るとすさまじい勢いで近づいてくるではありませんか。 もしや、ディーラーの人が実験でもしてるのかな。あとでディーラーに行ってみよう。昔、近くのディーラーから車を買ったことがあるので、用事を済ませて立ち寄ってみました。「もしかして7シリーズいまあるでしょ?」

ピンポーン!やっぱりありました。デモカーとしてたった今、東京から持ってきたばかりのが。やっぱりデカイ。銀色のボディーで幅は180cmを裕に超えるし、長さも5mは超えるでしょう。うちの近所の狭い道は絶対に入っていかないな、こりゃ。昔、お世話になった営業さんにいろいろ説明してもらいましたので、その感想など。

【ドアの開き具合が無段階】

ドアを開けてすぐに目に入ったのは、ヒンジの下のほうに付いている銀色の棒。これが油圧ダンパーでドアの開き具合が無段階で調整できる。普通、3段階ぐらいで止まるようにノッチがあるが、これはどこで手を放しても止まる。ノッチのカクっという感触がないから、どこで止まるんだろうと体が身構えてしまう。

【ドアが全部オートクロージャ】

なんとドア4枚にオートクロージャが付いている。普通、後部座席とか運転者から離れたところだけについているものだが、運転席のドアにもついている。だから、バン!と閉めなくてもグニュっと閉まる。

【エンジンスタートがボタン】

キーにはもちろん金属の棒が生えていない。クボミにキーを押し込み隣の丸いボタンを押すとエンジンがかかる。もう1回押すとエンジンストップ。クボミに入ったキーは押すと自分で出てくる。もちろん、キーにはロックやトランクなどの操作スイッチが付いている。

【サイドブレーキがない】

なんと、気が付いたらサイドブレーキがない。もちろん足で踏み込むタイプでもない。ヘッドライトスイッチ近辺にボタンがあって、ボタンを押すとパーキングされる。パーキングブレーキにはまだ小技があって、オートモードに設定しておくと、走行中にブレーキで停止すると自動的にパーキングになる。アクセルを踏むと勝手に解除。だから、ボーっとしてブレーキペダルから足を離しても前の車にゴツンということにならない。

【シフトレバーが見当たらない】

センター付近は例のダイヤルがあるだけで見当たらない。よく見ると右側のウィンカーのような位置に生えている。(この車は右ハンドル)コラムシフトに近いがシフトレバーには見えない。ちょっと手前に引きながら上下させるとP,R,N,Dといろいろレンジが変わる。シフトはハンドルの10時10分位置に付いたボタンでUP,DOWNすることができる。ハンドルの周りには、シフトレバー、ウィンカー、ワイパー、オートクルーズ関係の4本の棒が生えていた。

【真ん中に大きなダイアル】

これは目立つのですぐに気づくが、大体のことはダイアルを回したり、8方向に倒したりすることで、センターコンソールの画面でいろいろ設定できる。たくさん項目がありすぎてよくわからなかった。どこかで見たことあるような仕掛けだよなぁー。そう!最近のプリメーラのITドライビングというのがこの感覚に似ていた。

【座ると上がるヘッドレスト】

後部座席のヘッドレストは人間の重さを感知して、乗っているときだけ上がるようだ。いつも上がってると後方視界の邪魔になるから。座ると尾てい骨あたりにプチッという感触があるので、あれがスイッチではないかと思う。もちろん、4座席別々の空調になっている。後部座席はセンターとBピラーの下から1/3ぐらいの位置から噴出し口がある。こんなところについているのは珍しい。

【トランクは閉まるも電動】

トランクは電磁スイッチでなく、スイッチを押すと電動でウィーンと上がる。で、上がったトランクの裏のスイッチを押すと、またウィーンと閉まる。こういう仕組みは安全のため無理な力がかかると止まって元に戻るのが通例。ためしに無理やり止めてみたら上がっていった。トランクの中はベルベット地でしっかり覆ってあった。

【速いそうだ】

東京から横浜まで535iと745iに分かれて追いかけっこをしたら、べらぼうに速いそうだ。あっという間に170Km/hになってしまって、という。6速ATで時速100Kmでエンジンは1800回転しかないのでとても静かだという。ブレーキランプはLEDになっていた。

【総評】

このフラッグシップと呼ばれるクラスで、ここまで冒険したのは初めてではないかと思う。とにかく運転席周りは珍しい仕掛けが一杯あるので、30分ぐらい運転しないと慣れないと思う。これになれるとサイドブレーキを引く習慣を忘れ普通の車でも忘れてしまいそうで怖い。少し離れてみると結構厚みがある。いやー、変わった車でした。