ETCデビューしました
ジャーン、とうとう車にETCをつけました。あんな車載器に何万円も払えるか、あほらし!割引も20%って言っておきながら期間限定だって? それも各道路公団について最高1万円。うちは阪神高速道路公団なんてたぶん使わないんだけど。だったらうちの場合2万円しか割り引かれないじゃん。なんか騙してんじゃないのー、その言い方。

とETCには興味ありながらも運用開始になってもETCなんて絶対つけるもんか。と決めていました。が、奥様が道楽もので、料金所で窓を開けるのがめんどくさい、という意見に後押しされて、とうとう車検を機会につけてしまいました。車載器はまだそれほど種類は多くないし、どれもレーダー探知機のようにダッシュボードに乗っかるタイプがおおい。「やだなぁー、この狭いダッシュボードにまた機械が1つ増えるなんて」それでも発売済みの中からちょっといいなと思ったのは、PanasonicのCY-ET100Dというアンテナと本体が別々で音声で全部案内するやつ。カーナビもそうだが、リモコンで操作するのは運転中はあぶなくてできない。だからあえて音声にだけにしたのは正解だろう。これがいいなーと思ったら、メルセデスから純正の車載器が出ているのを発見!なんだ、PanasonicのOEMじゃないか。でもアンテナ部分が違うな。確かに輸入車ではフロントガラスが電波を通しにくいと問題になっていたのを読んだことがあるので、ちょっと高いけど純正の取り付けを依頼することに。

上は取り付け後の写真。本体部分は助手席の横に、アンテナはルームミラーの裏側に設置され、見えてるケーブルといえば、エアコンの噴出し口から本体まで10cmだけでした。アンテナは三角形でフロントガラスに取り付けるために作られたみたいです。

車検の2週間前からETCカードの申し込みを開始。クレジットカードは出光カードなので去年あらかじめ取り寄せておいた申し込み用紙に記入して投函した。ところが車検から車は上がってきたのにETCカードがまだ届かない。心配になったので出光カードに電話したら3週間で発送予定だとか。なんか時間かかるねー。で、ETCカードも届いたことなので早速試しに出かけました。

さあ、ほんとにバーは上がるのか?何キロまでなら大丈夫なんだ。どきどきしながらいつも通る料金所のETC専用レーンに進入。ピィ!と音が鳴り、バーの右手前にある電光掲示板に200円の文字、バーが上がり、車載器が「200円です」としゃべった。おー、通過成功!次はETC普通混在レーン、前には普通車が料金を払いに停止、その後ろにつく、そのままくっついてゲート通過。おー、大丈夫じゃん。次はETC普通混在レーンの入り口へ。前の車はカードを取っている。ゆっくり近づいていくと、閉まりかけたバーが跳ね上がり通過。今度はETC専用レーンへ、無事通過。

とまあ、用も無いのに合計4回800円を使って練習してきてしまった。いざ止まれる速度で通過するなら30Km〜40Km/hが精一杯かなぁ。なんでまた180Km/hでも反応する規格にしたかね。あんな狭い料金所なんてスピードあげて怖くて通過できないよ。それより心配なのは、クレジットカードの利用残高がいっぱいのとき、ETCカードが使えなくなったりするの? まさか料金所に進入したとたんに、「使えません」なんて言わないよね。急に止まれないよ。

総合すると、いまのところ割と便利です。とくに左ハンドルは助かります。あとは、慣れてきたころにETC専用レーンで事故が起きないか心配なんだけどね。