ノートPCのバッテリ残量が変です
去年の6月にSOTECのノートPCを買いました。もう8ヶ月ぐらい毎日使っていますが、最近、バッテリの持ちが非常に悪いんです。昔は満タン充電のときは1時間から1時間半ぐらいは平気で持ちました。いまは、なんと10分も持たないんです。えー、ニッケル水素バッテリーってこんなに寿命が短いんだっけー。換えのバッテリを買おうかなー。SOTECのHPへ行ってみると7千円ぐらいします。毎日使っているノートとはいえ、ほとんどACアダプタで使っているから、時々バッテリーで1時間ほどウロウロしながら使いたいだけなんだけど、もったいないなー。

そんな話を会社でしたところ、実はバッテリーの容量が減ってきたわけでなく、残量計が狂ってきて空っぽと間違えているだけだという話を聞きました。いまは、Windows XPの電源管理で、5%で警告して、3%になったら休止モードになるように設定してますが、バッテリが残量をうそいっているから、OSが早々と電池ないよ!と休止してしまうだけらしいのです。そもそも、バッテリーの残量はどうして判るのか不思議ですよね。聞くところによると、バッテリーには充電量と放電量を量って記録するプロセッサとメモリが付いていて、OSが問い合わせると答えてくれるそうです。で、その充電と放電の収支が狂ってきて今の状態になっているというのです。本当かなー。

ためしに、電源管理を開いて勝手にシャットダウンしないようにして、0%になっても無視して使い続けてみたら、さらに40分ほど使えました。最後はバシャンと落ちてしまいましたが、確かに収支が狂っているだけというのは正しそうです。だったら、この本等に空っぽの状態からフル充電してあげればメモリもリセットされるんでないの?そう思ってバッテリが空になって勝手に落ちるまで2回使い続けてみたんですが、すぐに元通りになることはなく、やっぱり15分ぐらいで0%になってしまいます。どうしたらこの残量計は正しい値を言うようになるんでしょう。誰か知ってたら教えてください。