ADSL回線を雷から守る
2002年に入ってもう1ヶ月経ってしまいました。今年も残すところあと11ヶ月。時がたつのは早いですねー。田中真紀子さんも大臣辞めて小泉内閣も危ういし・・・

で、ADSLを雷から守る話なんですが、ここ横浜では雷といえば夏の出来事です。夏はとにかくスコールとともにひどい雷がなることが一夏に数回はあります。私の故郷の石川県では季節は反対で、冬に雷がなります。むかし、北陸の雷を研究した番組を見ましたが、北陸の雷は破壊力抜群です。長高速カメラで観測すると、1回の落雷と思われていたのは、実は30回ぐらいの雷が連続して落ちているそうです。だからすごいんですよねぇ。雪が降り出す前には、雪雷といって、すごいのが1発落ちますからね。

さて、1.5MのADSLが開通して早くも2ヶ月が経過しました。ドメイン引越し後も順調に動いています。で、気になりだしたのが雷です。先の話のように横浜は冬雷はありません。でも、いまからでも対策しておかないと、忘れたころにやってくる。です。どーしようかなー。ADSLはアナログだから変な機器を取り付けると速度低下しそうだし。

探していたら雷から守ってくれるADSL用のスプリッタがあるんですね。メルコからIGM-FSAC-SPという製品が出てます。値段も1800円と安いし、買ってみようかなー。と思ったらまだ手に入りそうにありません。ま、急ぐ必要もないし、とりあえずAPCの無停電電源(BK500JS)のISDN、LAN、電話回線をサージノイズから守ってくれる口につけてみました。まずはスプリッタ→BK500JS→ADSLモデムのルートで繋いでみます。ADSLモデムはLINKをしました。が、FTPで速度計測してみるとダウンロードが30KB/秒ぐらいしかありません。スプリッタ→ADSLに繋ぎ変えると70KB/秒ぐらいに戻ります。やっぱりADSLを考えて作られていないので、この接続ルートは止めました。

つぎに考えられるのは、電話兼ADSL回線からサージが入ってきたとき、ADSLモデムまでは捨て身になっていただいて、ASDLモデム→ブロードバンドルータ間で切ってしまう手です。BK500JSのサージ保護の口には電話でもLANでもどっちでも刺さる変わったジャックになっているので、ここに10BASE-Tを繋いでASDLモデム→BK500JS→ブロードバンドルータになってもらいます。もちろん、速度計測してもまったく遅くなることはありません。

うーん。ADSLモデムって壊れたら高いんだろうか。やっぱりメルコのスプリッタを入手して繋ぎ変えてみたいところですね。実験したらまたレポートします。