Norton Ghostを使ってみる
どもー、今日は開発ネタです。

昨年末にWindows XPが発売されてソフトを作る側としてはまた1つ動作確認するOSが増えてしまい、頭が痛いところです。これまで動作確認するために、それぞれのOSをブートできる専用マシンを1台作って、それに95から2000まで入れてきたけど、XPもHomeとProfessionalの2種類を入れるとなると、もう大変。それに単なる動作テストだけならドンドンOSを足していけば用は足りるが、Windows 2000からWindows XP Professionalへのアップグレード時の動作確認とか複雑な確認を行うにはOSが動けばいいってもんでもありません。

勤め先の実際の開発現場ではDrive Imageを使ってパーティションを復元してテストしたり、Partition Magicでパーティションをコピーしたり、System Commanderで切り替えたりしているようです。で、半年ほど前、買ったマシンをリカバリーCDで復元してみたら、Norton Ghostというソフトが実際には使われていて、なんか使ってみたいなーと思っていたところ、先のOSいっぱい問題から、実際に購入してみることにした。いま出ている最新版はNorton Ghost 2002ですが、なかなか店頭にいてありません。通販も検索しました、取扱店も少ないです。どーしてもすぐに試してみたかったので、Norton SystemWorks 2002 Proなる製品にGhost 2002が入っているのをみつけ、1万4千円ぐらいでPC DEPOで買ってきました。単体だと定価9800円のようです。
(その後、Amazone.comで7千円台で通販しているのを発見、ショック)

Norton GhostはHDD単位やパーティション単位でコピーしたり、ファイルに保存/復元するDOS上で動作するソフトです。DOSなんてもう持ってないでしょう。IBM PC-DOSが付いてきますから大丈夫。それに16Bit系Windowsで作れるシステム起動ディスクも使えます。GhostがほかのHDDコピーソフトと比べて特徴的なのは次の点です。

  1. 1台のPC内の複数HDD間だけでなく、2台のPC間をUSB, LPT, LANを使ってコピーできる
  2. テープに保存・復元できる
  3. CD-Rに保存・復元することができる(最近は一般的)

このうち1番、2番はかなり興味アリです。それはこういうテストに使うマシンは最新スペックでないことがほとんどなので、HDDも豊富にあるわけでないから、イメージファイルに保存してもそれを格納する場所がないことが多いからです。たとえばHDD内にパーティションA、Bがあった場合、AをイメージファイルにしてAには保存できずBに保存する必要があります。もちろんCD-Rなんて付いてません。うちのWebサーバはFDDとCD-ROMは付いてますが、イメージファイルを保存できる別パーティションもないし、こういう使用目的が限定的なマシンでは有効です。

早速、2台のマシン間でコピー実験してみました。ネットワーク接続用のFDを2枚作ります。このときLANカードの種類を指定するとそれに合わせてNDIS2ドライバはconfig.sysに追加されます。うちはほとんどIntel製なので同じものを2種類作りました。1個はコピー先で使い起動してからSlave動作させます。IPアドレスはDHCPで決定されてSlaveのIPドレスを表示してスタンバイに入ります。コピー元PCも起動してMaster動作させ、SlaveのIPアドレスを打ち込むと接続が完了します。コピー元側でコピーするHDDかパーティションを指定すると、コピー先にはSalve側のHDDかパーティションかフォルダが見えます。今回はSlave側には空きHDDもパーティションも無かったのでイメージファイルとしてコピーしました。100BASE-Tで毎分80MByte程度で転送されます。これができたなら、どんなマシンでもLANで繋がっていればHDDやパーティションのバックアップができます。うーん、これは使えるかも! Windowsってバックアップ機能が付いているけど、HDDが壊れたときには新しいHDDにOS入れて復元してって結構大変なのよね。

続いて、テープを試してみます。テスト機にはAdaptec 2940が付いていて、その先DATドライブをつけてみると、Ghostは認識しました。保存も復元も成功しましたが、DDS1の古いテープを使ったためか、いまいち保存の動作が安定せず、2回目以降はDATへの読み書きのタイムアウトが発生。とにかく動作するのはわかったのでOKとします。

それから最後にCD-Rに直接書き込む実験をするため、ほかのマシンからTEAC製CD-Rドライブを取り外しテスト機につけてみます。もちろん動作するんですが、なぜか最後のクローズセッションでエラーが発生して読めないCD-Rが出来上がりました。1回しか試してなかったので、なにか問題があったんでしょう。

いろいろ試すうちに思ったのは、SCSIカードはAdaptecが無難で、他のメーカだと自分でASPIドライバを探してきて追加する必要があることです。たとえばTEKRAM製SCSIカードを使っているなら、PC起動用FDにTEKRAMのドライバを入れて、config.sysに1行追加する必要があります。ま、この辺のせいでAdaptec製品は値段が高いんでしょうけど。久しぶりにconfig.sysを編集して、「そういえば昔はデバイス1つ足すのも大変だったよなぁ」と思い出にふけってしまいました。