ブロードバンドルータをバージョンアップ
今年も今日で最後です。この1年みなさまにはお世話になりました。今年最後のよもやま話をお届けします。

先日、無事ドメインの移動が完了しました。最後の案件だった逆引き設定もInfoSphereの担当の方に難なくこなしていただき、すべての作業が完了しました。私が先にJPNICに正引き関連を登録してしまったので、変な状態にならないかなぁ、と、ちょっと心配していたんですが、状況を正しく確認され、必要は変更だけを行っていただけたようです。感謝!感謝!

で、12月26日に逆引きが完了して快調に思われたADSLですが、29日あたりから回線速度が遅くなったような気がしてきました。ん?みんなお休みに入って、ADSL関係の回線が昼間でも混雑しているせいか? でもファイルのダウンロードが10KB/秒しかでないのはちょっと遅すぎるし。サーバがそんなに混雑しているのか? でも、この数日で急激にADSLユーザが増えたとも考えにくいなぁ。ADSLモデムとルータがちょっと移動したのが原因か?でもほんの数十センチ動かしただけだし、これまでも設置場所を動かしていたけど、はっきりわかるほど変化したことはないし。

ADSLモデムやルータの電源を入れなおしたりすると、速度が回復するような気がしたので、ルータのファームのバージョンを確認してみると、Ver2.1。それほど古いような気もしないし、まだ買って間もないから新しいファームが出ているとも思えないし、とりあえずI/Oデータのホームページにいってサポート、ダウンロードのページでNP-BBRを検索してみると、あら! あたらしいファームVer2.11が出てるじゃない。それも9月7日に。

ちょっと気がつきにくいのだが、画面中のOSの種類をクリックすると新しいファームと、それをルータにダウンロードするツール「TCPダウンローダ」が出てくるのだ。ファームをダウンロードして中身のreadmeを読んでみると、思い当たることが2つ書いてある。1つはルータのWeb設定画面で、設定変更を反映させるときに「設定&再起動」ボタンを押すのだが、この後、PPPoEで接続がすぐできないこと。異常切断になって数分間再接続ができないそうだ。これもうすうす気づいていて、最近は設定変更する前にPPPoEを切断してから再起動するようにしていたのが、当たっていたようだ。2つめは、readmeでなくホームページ側の変更履歴にあるのだが、「スループットが異常に遅くなることがあるのを修正」という1文。多分、今回の症状はこれに当てはまると思われる。

早速、TCPダウンローダとファームをダウンロードしてアップデートを試みる。TCPダウンローダの説明では、安全のためWAN側のポートを切断し、LAN側もTCPダウンローダを動かすパソコン以外を切断するように勧めているが、ちょっとその辺は無視してみる。それより、アップデートすると設定が消えてしまわないかと心配なので、「高度な設定」、「コマンドでの設定」を開いて、コマンドラインの中身をファイルにコピー&ペーストして保存しておく。こうすれば、設定が消えてもファイルから内容をコピーして「保存と再起動」を行えば一発で復活するはずだ。

実際にアップデートしてみたら、設定は消えることなく、バージョンだけが2.11になった。なーんだ、心配したよ。消えないんだったら一言かいておいてくれればいいのに。早速、ファイルをダウンロードしてみる。ブロードバンドスピードテストもやってみる。うんうん、1.2Mbps程度に回復している。よかった。NP-BBRユーザのみなさん、ファームのバージョン確認してみましたか?